ニューヨーク留学全てが刺激、全てが貴重な体験

ニューヨークアメリカ東海岸に位置し、文化・経済の両面で世界をリードする大都市です。

マンハッタン・ブロンクス・クイーンズ・ブルックリン・スタテンアイランドから構成される大都市ニューヨークで一度は留学生活を送ってみたいと夢見る方もいらっしゃるはずです。

しかし漠然と「ニューヨークではお金がかかるから留学できっこない」と留学候補から最初から外しているという方も同時に多いはずです。

「本当にニューヨーク留学は不可能なのでしょうか」。「いくら費用があれば実現可能なのでしょうか」。

このように気になるニューヨーク留学について、関連情報をまとめてみました。

本記事内では、各テーマごとに詳細の記事へのご案内もしていますので、そちらもあわせてぜひご一読ください!

ニューヨークの基本情報について

statue-liberty

ニューヨークは言わずと知れたアメリカを代表する大都市です。

アメリカに興味がある人だろうとない人だろうと、誰しもがその存在を知っている街でしょう。

冒頭でもお伝えした通り、ニューヨークは「マンハッタン」「ブロンクス」「クイーンズ」「ブルックリン」「スタテンアイランド」という5つの行政区から構成されます。

とはいえ、多くの人がニューヨークと聞いてイメージにするのはマンハッタン島のエリアかと思います。

ニューヨークは1624年にヨーロッパから渡ってきたオランダ人によって交易場として発展してきました。

その後、19世紀から20世紀にかけて多くの移民を受け入れ成長してきたニューヨークは、「眠らない街」と呼ばれるほど、世界トップクラスに文化・経済の両面で活気を帯びています。

そんなニューヨークの基本的な情報を以下にまとめてみました!

地域名 ニューヨーク(New York City)
面積 1,214平方キロメートル
人口 846.8万人(2021年)
気温 平均最高気温 29℃、平均最低気温-4℃ほど
言語 英語(ただし多様な人種が混在している)
アクセス 東京・成田空港から直行便で約13時間
時差 日本との比較で-13時間
電源プラグ Aタイプ

ニューヨーク留学に必要な費用について

business-calculating

ニューヨーク留学最大の懸念事項は費用面の問題……そう言っても過言ではないはずです。それほど、ニューヨークの物価・生活費は高いという印象が誰しもの頭の中にあります。

先に結論から説明をすると、そのイメージ通り、アメリカの主要都市への英語留学では、ニューヨークはもっともお金がかかります。

以下に、バギオ留学の1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別に必要な費用をまとめてみました。

留学期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
一般的な費用 約90万円 約230万円 約430万円 約805万円

仮にニューヨークに1カ月留学したと仮定すると、費用の目安は6,000~7,000ドル、1ドル144円の場合、約90万円ほどかかる計算になります。

以下は、あくまで参考モデルではありますが、その内訳になります。

  • 入学金・学費 = 約32万円
  • 渡航費 = 約11万円
  • 海外旅行保険費用 = 約2万円
  • ビザ関連費用 = 約7万円
  • 滞在費(家賃)= 約24万円
  • 生活費 = 約16万円

上記を見ると、「入学金・学費」ももちろんまとまった金額ではありますが、なによりも「滞在費(家賃)」「生活費」が高く、日々の生活で重くのしかかってくるのではないかと考えられます。

「生活費」は基本的に外食せず、スーパーで安い食材を購入し自炊をすること。「滞在費(家賃)」は1人暮らしではなく、ルームシェアで数名と一緒に住むなどの工夫をすれば30%ほどは出費を抑えられるのではないかと思います。

とはいえ、他の国・都市と比べるとニューヨークで生活するにはまとまったお金が必要だといえます。

これは、以下の他の人気英語留学先との比較でも明らかです。

留学の期間 ニューヨーク フィリピン オーストラリア カナダ
1カ月 約90万円 約15~30万円 約40~50万円 約40~50万円
3カ月 約230万円 約35~70万円 約80~100万円 約80~100万円
6カ月 約430万円 約60~130万円 約160~200万円 約160~200万円
1年間 約805万円 約125~250万円 約320~400万円 約320~400万円

ニューヨーク留学に関するさらなる詳細情報は、以下ページにまとめておりますのでこちらもチェックしてください!

ニューヨークに留学するメリット・おすすめポイント

busy-junction

確かに、ニューヨークで留学生活を送ることはイコール、それなりの予算を用意する必要があるということです。

この点からも、ニューヨークへの留学を決意する際には、明確な留学の目的意識と「絶対に充実した日々を送る!」という強い覚悟がないと割に合わないでしょう。

しかし、これらの意識があるならば、ニューヨークという街は英語留学の側面だけでなく、あらゆる観点から大変魅力的な街です。例えば……

  • 語学でアート、ダンス、デザインなど専門的なことが学べる
  • 車がなくても困らない
  • 観光スポットがたくさんある
  • 勉強も遊びも楽しめる

というメリットがあるように、あらゆるエンタメやショップ、そして素晴らしい人との出会いを得ることのできる唯一無二の場所でしょう。

特に”人との出会い”はお金では表せられない価値があります。もしかしたら、ニューヨークで出会った異国の人があなたの人生を予想だにしなかった方向へ導いてくれるかもしれません。

そんなニューヨーク留学のおすすめポイント・メリットは、以下のページで詳しく解説しております。気になる方は、以下をご覧ください!

ニューヨーク留学のおすすめの語学学校

female-student

大都市・ニューヨークは、これまでの歴史でも多くの移民を受け入れてきた背景もあり、英語の非ネイティブのコミュニケーションに関しても大変寛容な街です。

英語力に自信のない人でも冷めた目をされることは少なく、あなたの目線にあったコミュニケーションを行なってくれるはずです。

ニューヨークにも英語留学の語学学校は多数存在します。以下は『アメリカ留学コンパス』で詳細のコースや費用・学校の特徴などを解説している学校です。

以下の学校名をクリック(またはタップ)することで詳細ページに飛びますので、気になる人がクリックされてみてください!

「ニューヨーク留学の成功は自分にあった語学学校選びで決まる」と言っても大げさではありません。

多くの費用をかけて海を渡るニューヨーク留学ですから、決して妥協せずに語学学校を選ぶようにしてくださいね!

ニューヨークの治安情報について

police-tape

多くの高層ビルが煌びやかに摩天楼としてそびえたつ一方で、貧富の格差や様々な事情で社会からドロップアウトしてしまった人々による犯罪も多いのがニューヨークの街の特徴です。

例えば、深夜の地下鉄構内や人通りの少ない路地裏などは、現地に長年住む人であっても身に危険を感じるというほど。

留学生活を無事に過ごしきるためには、現地の犯罪傾向や危険なエリア、もしトラブルに巻き込まれた時の対処法を事前に確認・整理しておくことが大切です。

ニューヨークのなかでは「ブルックリンのブラウンズビル地区」「ブロンクスのハンツポイント地区」「マンハッタンのイーストハーレム地区」などが危険なエリアと言われています(ここだけではありません)。

より詳しいニューヨークの治安情報、トラブル時の対処法については以下ページにて解説しておりますので、ぜひご覧ください!

ニューヨーク留学のよくある失敗パターン

buiness-man

多額の費用と貴重な時間を使うからこそ、ニューヨーク留学は失敗しないようにしたいものです。

しかし残念ながら、当初のイメージ通りの留学生活とはならずに、「行かなければ良かった!」と帰国後に後悔を感じてしまう人も少なくありません。

ニューヨーク留学が失敗に終わりやすいよくない考え方には以下のようなものがあります。

  • ニューヨークの煌びやかな生活に過度な期待を抱いている
  • 「ニューヨークに留学すべき理由」が明確ではない
  • お金に余裕をもって渡航しようとしていない
  • ニューヨークで生活すれば英語力が上がると思っている
  • 英語の基礎学習はニューヨークで勉強すればいいと思っている

上記の項目だけでは、まだ”どうして失敗に繋がってしまうのか分からない”という方に向けて、以下のページでは各項目ごとに詳細を解説していますので、ぜひ留学前に目を通しておいてみてください!