ロサンゼルス留学世界のエンタメの中心で英語に浸り、思い出も作る

ロサンゼルスはニューヨークに次ぐアメリカ第二の都市であり、エンタメ産業が盛んな街です。

有名なハリウッドやユニバーサル・スタジオ・ハリウッド、TCLチャイニーズシアターなどでポップカルチャーを楽しむことができます。

そんなロサンゼルスの街に惹かれ、英語留学を検討中という方に向けて留学関連情報をまとめてお届けします。

本記事内では、各テーマごとに詳細の記事へのご案内もしていますので、そちらもあわせてぜひご一読ください!

ロサンゼルスの基本情報について

hollywood

ロサンゼルスはアメリカ国内でニューヨークに次ぐ第二の都市であり、日本人在住者の数も多いのが特徴です。

外務省が発表している「海外在留邦人数調査統計」によると、2017年時点で約7万人弱の日本人が在住していることがわかります。

カリフォルニア州を代表する都市として、映画産業やテーマパーク産業が代表的です。

まさに”エンターテイメントのメッカ”のような存在で、北東のハリウッド・東のサンフェルナンドバレー・西のサンタモニカと人々を魅了するエリアに囲まれています。

ロサンゼルスの範囲は、「ロサンゼルス郡」「オレンジ群」の2郡のみと捉える場合と、さらに「リバーサイド郡」「サンバーナーディーノ郡」「ベンチュラ郡」の合計5郡までを含む場合とがあります。

この2郡のみで考えた場合、人口は約1,300万人であり、5郡として考えた場合の人口は約1,700万人となります。

そんなロサンゼルスに関する基本的な情報を以下にまとめてみました!

地域名 ロサンゼルス(Los Angeles)※
面積 約1,300平方キロメートル
人口 約1,700万人
気温 平均最高気温 28℃、平均最低気温7℃ほど
在留邦人数 約7万人
アクセス 東京・成田空港から直行便で約12時間
時差 日本との比較で-17時間
電源プラグ A/Bタイプ

※ ロサンジェルス・ロスアンゼルス・ロスアンジェルスなどとも表現されます

ロサンゼルス留学に必要な費用について

los-angeles-sunset

ロサンゼルス留学を検討する際にもっとも気になるのが費用面の問題です。

多くの人に漠然と「アメリカ留学はお金がかかる」といういイメージがあるかと思いますが、実際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

以下にロサンゼルス留学の1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別に必要な費用をまとめてみました。

厳密には「どの語学学校のどのコースを選択するか」「滞在はルームシェアか一人暮らしか」「生活は外食多めか自炊多めか」などの条件で変動はします。

その点は理解したうえで、以下をご覧ください。

留学期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
一般的な費用 約60~70万円 約140~160万円 約280~320万円 約560~640万円

上記の通り、ロサンゼルス留学を仮に1カ月行なったとすると約60~70万円の費用が必要となります。

留学初月は語学学校への入学金がかかりますので2カ月以上留学するとひと月あたりの費用は低くなりますが、それでも1カ月平均に直すと約46万円は毎月必要となるでしょう。

留学生の多くは日本の正社員のように日中働くことは難しいはずですので、事前にかなり資金に余裕をもっていなければなりません。

また、以下にロサンゼルス留学1カ月の費用の内訳を整理してみました。

  • 入学金・学費 = 約20万円
  • 航空券代(往復) = 約11万円
  • パスポート・ビザ申請費 = 約2万円
  • 海外留学保険料 = 約7万円
  • 生活費 = 約10万円
  • 滞在費(家賃) = 約20万円

次にアメリカ・ロサンゼルス留学とあわせて比較検討されやすいフィリピン・オーストラリア・カナダとの留学費の違いを整理してみました。

留学の期間 サンフランシスコ フィリピン オーストラリア カナダ
1カ月 約60~70万円 約15~30万円 約40~50万円 約40~50万円
3カ月 約140~160万円 約35~70万円 約70~100万円 約80~100万円
6カ月 約280~320万円 約60~130万円 約130~200万円 約160~200万円
1年間 約560~640万円 約125~250万円 約300~400万円 約320~400万円

フィリピン留学は「格安」を売りにしており、国としても物価が低いので少し同列に扱うのは無理があるかもしれません。

しかし、オーストラリア・カナダと比べてみるとわかるように、サンフランシスコ留学の費用の高さが目立ちます。

とはいえ、滞在をルームシェアにしてみたり、基本的に食事は自炊にするなどの工夫で出費を抑えることは可能です。

ただし、サンフランシスコに留学する際には、十分に予算に余裕をもっておくべきなのは間違いないでしょう。

ロサンゼルスに留学するメリット・おすすめポイント

los-angeles-port

先ほど”エンタメのメッカ”と表現したように、日本人留学生が楽しめる場所が豊富にあり、どこか優雅さも感じるロサンゼルスですが改めて留学にはどんなメリットがあるのでしょうか?

『アメリカ留学コンパス』が考えるロサンゼルス留学のメリットは、以下の3つです。

  • 日本人にとって住みやすい環境
  • 年間を通して温暖で冬がない
  • アメリカならではの文化や観光スポットが楽しめる

在留邦人数が約7万人もいるロサンゼルスには、日本食レストランをはじめ日本人が快適に過ごせる環境が整っています。

また、東海岸のニューヨークやボストンと違い、ロサンゼルスの年間平均気温は20℃前後で、雪が降るような真冬は存在しないのが特徴です。

そして何よりもカルチャー面の分厚さ!芸術・音楽・ファッション・エンタメなどどれをとっても一流を楽しむことができる世界的にも特別な街です。

このようなロサンゼルス留学のおすすめポイントやメリットについて、詳しくは以下のページで解説していますのでよろしければウォッチしてみてください!

ロサンゼルス留学のおすすめの語学学校

traffic-sign

英語留学の成功を左右する大きな要素が「学校選び」です。

憧れのロサンゼルス生活ばかりに意識が向いて、真に自分に適した語学学校選びができていない人も多いのではないかと思います。

語学学校を選ぶ際には費用面や立地だけでなく、自分の英語学習の中長期の目標から逆算して、少しでもプラスになる環境を選びましょう。

また、インターネット上に公開されている情報は限定的なので直接、語学学校に問い合わせてみたり転職エージェントサービスを利用することをおすすめします。

そんなロサンゼルスの語学学校について、『アメリカ留学コンパス』では以下を解説しています。

気になる語学学校名をクリック(またはタップ)していただくと詳細を解説したページに飛びますので、ぜひご覧ください!

ロサンゼルスの治安情報について

los-angeles-night

日本人の在住者が多いロサンゼルスですが、自分の身の安全は自分で守る意識が重要です。

「日本の常識は世界の非常識」という言葉があるように、日本で過ごす時のような意識で気を緩めて生活すると思わぬトラブルや犯罪に巻き込まれる可能性があります。

実際、人口に対する犯罪率という観点で見ると、東京の0.59%に対し、犯罪率2.77%と高い傾向にあります。

スリや置引きだけでなく、銃を用いた強盗やアジア人に対するヘイトクライムも自身に振りかかる危険性も忘れないでいてください。

以下のページでは、そんなロサンゼルスの治安情報やトラブル時の対処法について詳しく解説しています。

ロサンゼルスに渡航する前には、一度頭にインプットしておいていただきたいです!