ハワイ留学世界的リゾート地で英語を学ぶという贅沢

日本人にとってとても馴染み深い、太平洋に浮かぶリゾート地「ハワイ」。

休暇を優雅に過ごすリゾート地のイメージが強いハワイですが、実は英語留学先としてもとても魅力的な都市なんです。

英語力のアップを目指した語学留学と、開放的でロマンチックなサンセットビーチで緩やかな時間の流れを楽しむ。そんな一味違う留学生活をハワイで楽しんではみませんか?

このページでは、そんなアメリカ・ハワイの留学情報を一挙にまとめてみました。

本記事内では、各テーマごとに詳細の記事へのご案内もしていますので、そちらもあわせてぜひご一読ください!

ハワイの基本情報について

hawaii-resort

日本では誰しもが知るハワイですが、改めて基本情報を整理してみましょう。

ハワイは、太平洋の真ん中に浮かぶアメリカの州のひとつです。ハワイ島・マウイ島・オアフ島・カウアイ島・モロカイ島・ラナイ島の6つの島によって主に構成されています。

厳密には海中のマグマが吹き出すことで島ができているので、観光客が訪れることのできない小さな島も合わせると計132の島が存在します。

【オアフ島】

人口がもっとも多い島はオアフ島であり、「ギャザリング・プレイス(集いの場所)」とも呼ばれ、ダイヤモンドヘッドやパールハーバーの史跡、ハワイで一番充実したショッピングエリアが存在します。

【ハワイ島】

ハワイ島はハワイでもっとも大きな島であり、ハワイの大自然を感じることができます。

ハワイ火山国立公園から流れ出る溶岩やハマクア・コーストの緑豊かな広大な森林、黒砂海岸のプルナウビーチがハワイ島の自然の偉大さを感じさせてくれます。

【カウアイ島】

カウアイ島はハワイで4番目に大きな島であり、「ガーデン・アイランド」という愛称で呼ばれるように、神秘的な自然により多様な表情を見せてくれる島です。

カヤックで巡る「ワイルア川」、コケエ州立公園でのハイキング、ポイプビーチでのシュノーケリングなど大自然が織り成す環境を存分に感じたい方におすすめな場所です。

【マウイ島】

マウイ島は「渓谷の島」として知られており、かつてハワイがハワイ王国だった時代の首都ラハイナやイアオ渓谷、ハレアカラ国立公園からのサンセットなどが有名です。

【モロカイ島】

モロカイ島はアウトドア・アドベンチャーを楽しむのにぴったりな島です。

島の北東には、高さ1,000~1,200mもある世界最大の岸壁や南部の沖合にはハワイ最長のサンゴ礁が約45kmにもわたって広がっています。

サイクリングや車でドライブすると、非日常的な爽快感を得られるでしょう。

【ラナイ島】

ハワイ諸島でもっとも人口の少ない島がラナイ島です。「信号がひとつもない」と言われており、ハワイの中でも一層ゆったりとした時間を過ごすことができる場所です。

自転車や車を走らせると、ゴツゴツとした石が転がる自然石の庭園「ケアヒアカヴェロ」やポリフア・ビーチのような秘境に出会えるはずです。

そんなハワイに関する基本的な情報を以下にまとめてみました!

地域名 ハワイ(State of Hawaii)
州都 ホノルル(オアフ島)
面積 約16,000平方キロメートル
人口 約144万人(2021年)
気温 平均最高気温 30℃、平均最低気温18℃ほど
言語 英語・ハワイ語
アクセス 東京・成田から直行便で約7時間
時差 日本との比較で-19時間
宗教 キリスト教・仏教など
電源プラグ Aタイプ

ハワイ留学に必要な費用について

price

では、ハワイ留学には一体どれくらいの費用が必要なのでしょうか?

海外留学においては、事前にしっかりと予算計画を立てておくことがとても大切です。

以下に、ハワイ留学の1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別に必要な費用をまとめてみました。

留学期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
一般的な費用 約60~70万円 約140~160万円 約280~320万円 約560~640万円

上記の通り、ハワイ留学を仮に1カ月行なったとすると約60~70万円の費用が必要となります。

留学初月は語学学校への入学金がかかりますので、2カ月以上留学するとひと月あたりの費用は低くなりますが、それでも1カ月平均に直すと約46万円は毎月必要となるでしょう。

留学生の多くは日本の正社員のように日中働くことは難しいはずですので、事前にかなり資金に余裕をもっていなければなりません。

また、以下にハワイ留学1カ月の費用の内訳を整理してみました。

  • 入学金・学費 = 約20万円
  • 航空券代(往復) = 約11万円
  • パスポート・ビザ申請費 = 約2万円
  • 海外留学保険料 = 約7万円
  • 生活費 = 約10万円
  • 滞在費(家賃) = 約20万円

次に、アメリカ・ハワイ留学とあわせて比較検討されやすいフィリピン・オーストラリア・カナダとの留学費の違いを整理してみました。

留学の期間 ハワイ フィリピン オーストラリア カナダ
1カ月 約60~70万円 約15~30万円 約40~50万円 約40~50万円
3カ月 約140~160万円 約35~70万円 約80~100万円 約80~100万円
6カ月 約280~320万円 約60~130万円 約160~200万円 約160~200万円
1年間 約560~640万円 約125~250万円 約320~400万円 約320~400万円

他の三か国と比べると、ハワイ留学を行うにはまとまった費用が必要であることがわかります。現実的には、しっかりと予算に余裕がないとハワイ留学は厳しいと言えそうです。

ハワイに留学するメリット・おすすめポイント

class-mate

ハワイへの留学のメリットというと、パッと思い浮かぶのは「美しい海に囲まれたリゾート地で英語の勉強ができる」という点ではないでしょうか?

しかし、そのほかにもハワイ留学のおすすめポイント・メリットはあるのです。『アメリカ留学コンパス』が考えるハワイ留学のメリットは以下です。

  • 1年中半袖で過ごせる心地よい気候
  • 日本食や日本製品が手に入りやすい
  • ビーチを身近に感じながら生活できる
  • 世界中からの留学生が集まっている
  • 有名な観光スポットが多い
  • 治安がよく、語学学校の数が多い

このようなハワイ留学のおすすめポイント・メリットについて、以下のページで詳しく解説しています。

ハワイ留学のおすすめの語学学校

hawaii-brick

ハワイにある多くの語学学校のなかで、『アメリカ留学コンパス』が詳細を解説している学校は以下の2つです。

「IIE Hawaii」はオアフ島・ホノルルにある語学学校で、「English Only Policy(EOP)」を掲げており、様々な目的の学生にあわせて豊富なレッスンが用意されています。

「Globai Villege Hawaii」も同じくオアフ島・ホノルルに校舎を構えており、ハワイで唯一のIALC公認語学学校として運営されています。

ハワイの留学エージェントについて

hawaii-beach

まとまった費用がかかるハワイ留学を失敗に終わらせないためには、自分一人で留学先を決めるのではなく、専門的なノウハウと経験をもつ留学エージェントに相談するのもひとつの選択肢です。

ハワイ留学を取り扱っている留学エージェントとして、代表的なサービスは以下の通りです。

  • スクールウィズ
  • EF
  • ハワイ留学センター
  • 留学ワールド
  • HECハワイ留学支援センター
  • HAWAII-ROAD
  • Eastman Hawaii
  • スマ留
  • 留学Hawaii

ハワイ留学の留学エージェントについて、詳しい解説は以下のページにて行なっています。詳しく知りたい方は、ぜひ以下をご覧ください!

ハワイの治安情報について

hawaii-evening

留学生活を安心して送るために重要なのが現地の治安状況です。

漠然と「ハワイは安全」というイメージが強いかと思いますが、実際にはどうなのでしょうか?

情報を調べてみると、海外から観光客が多く訪れるハワイでは銃の取り締まりも強化されており、アメリカ国内では比較的安全な都市と報告されています。

しかし、夜遅くに人通りの少ないエリアを出歩くのは危険ですので、不必要に真夜中に出歩かないように気を付けてください。

ハワイの治安情報やトラブル時の対処法については、以下のページで詳しく解説していますので必要な方はご確認ください。

ハワイの天候・気候情報について

hawaii-clear-weather

ハワイは年間の平均気温が24〜30℃であり、1年を通じて過ごしやすい「乾燥帯ステップ気候」です。

一応、夏と冬の2つの季節が存在するのですが、夏(5~10月)は最低気温23℃・最高気温31℃、冬(11~4月)は最低気温20℃・最高気温27℃と日本と比べるとほとんど気温差はないと考えてよいでしょう。

このようなハワイの天候・気候情報について、以下ページで詳しく解説しております。

季節(シーズン)ごとの適した服装や持ち物もあわせてご紹介していますので、ぜひご覧ください!

ハワイ留学のよくある失敗パターン

hawaii-shoppingmall

キラキラした印象の強いハワイ留学生活ですが、思ったような生活を送れなかった……と後悔する人もいらっしゃいます。

ハワイ留学の失敗を招く要因はなんなのでしょうか。ハワイ留学の失敗を避けるには、以下のポイントを意識することが大切です。

  • ハワイ留学の目的・目標を明確にしてから渡航する
  • 語学学校を焦って決めない
  • 日本人と行動を共にしないようにする
  • 渡航前に日本国内で基礎固めは済ませておく
  • 平日夜・土日はしっかり英語学習にあてる
  • 滞在先は教師宅ホームステイがおすすめ

ハワイ留学の落とし穴、失敗を避けるためのポイントは以下ページで詳しく解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください!