イギリス留学教育レベルの高い、伝統ある国

イギリスヨーロッパの北西部に位置する島国であり、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4地域で構成されています。

正式名称は「グレート・ブリテンおよび北部アイルランド連合王国」と呼ばれており、英語留学に関しては、毎年110万人以上の留学生を受け入れている国です。

そんなイギリス留学に関する情報を、こちらの「イギリス留学コンパス」ではまとめています!

イギリスの基本情報について

4つの地域(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド)から成るイギリスは、各エリアごとに独自の文化をもっています。

国政は、国王を元首とする「立憲君主制」を導入。また、2020年2月からはEU(欧州連合)を離脱しています(通称、プレグジット)。

イギリス英語は、アメリカ英語とは同じ意味でも語彙が違う言葉があります。「クイーンズイングリッシュ」(王族やBBCが使う言葉)やロンドンの労働者階級が用いる「コックニー」などの独自の方言も存在します。

そんなイギリスの基本的な情報を、以下に整理してみました!

国名英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国) (United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
首都ロンドン
面積24.3万平方キロメートル(日本の約3分の2)
人口6,708万人(2020年)
公用語英語(ウェールズ語、ゲール語等使用地域あり)
通貨GBP=Great Britain Pound(グレートブリテンポンド)
時差+8時間
宗教英国国教会等
電源プラグBF型
※ 引用元:英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)基礎データ|外務省

イギリス留学に必要な費用について

それでは、イギリス留学にはいくらかかるのでしょうか?

英語留学を目指している人が一番ネックに感じることが、お金(費用)の問題かと思います。

以下に、1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別でイギリス留学に必要な費用をまとめてみました。

留学期間1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
一般的な費用約50〜80万円約120〜200万円約230〜380万円約440〜740万円

イギリス留学は一般的な価格帯でも、1カ月で約50~80万円ほどかかります。以下は費用別の内訳です。

費用項目目安費用
入学金・学費約20~25万円
航空券代(往復)約10~15万円
パスポート・ビザ申請費約2~8万円
健康診断料約0.5~1万円
海外留学保険料(1カ月)約1~2万円
生活費約10~15万円
滞在費約8~15万円

具体的には、「どの語学学校を選ぶのか」「航空券を購入する時期」「どれだけ自炊して生活するか」などによって出費は変動しますが、平均的なラインは上記の費用ほどであると認識しておきましょう。

さらに以下に、英語留学先として人気の高いアメリカ・オーストラリア・カナダとの留学費の違いをまとめてみました。

留学の期間イギリスアメリカオーストラリアカナダ
1カ月約50~80万円約60~70万円約40~50万円約40~50万円
3カ月約120~200万円約140~160万円約80~100万円約80~100万円
6カ月約230~380万円約280~320万円約160~200万円約160~200万円
1年間約440~740万円約560~640万円約320~400万円約320~400万円

より詳しい留学費に関する情報は、以下ページにまとめておりますので、気になる方はご覧ください!

イギリスの留学エージェントについて

留学生活を実りある経験にするためには、自分にあった語学学校選びが欠かせません。

一人で学校選びを行なうのも悪くはありませんが、やはり留学のプロにサポートしてもらったほうが効率がよいでしょう。以下は、イギリス留学に対応している主な留学エージェントです。

エージェント名特徴
スマ留圧倒的な安さと高いサポート力
EF(Educational First)世界最大規模の語学学校を運営
School With国内最大級の規模のエージェント
夢カナ留学実質0円で留学可能なプランを用意
留学タイムズ世界45カ国、5000校以上の語学学校・教育機関と提携

イギリスに留学するメリット・おすすめポイント

日本では、映画ハリーポッターやシャーロックホームズはじめとしたエンタメで街や生活の雰囲気を知ることの多いイギリス。

伝統があり、街全体をクラシカルに維持し続けているイギリスですが、イギリス留学にはどんなメリットがあるのでしょうか?

以下に整理してみました。

留学コースやプランがとても豊富

イギリスには多くの英語留学先の学校があり、幅広い英語スキルや目標にあった留学先を見つけることができます。

大学生や社会人が通う語学学校だけでなく、18歳以下が通えるボーディング・スクールやオックスフォード大学をはじめとした世界的に有名な四年生大学など、どのステージの学生にも魅力的な国なのです!

治安が安定している

イギリスはアメリカとは違い、銃の規制が厳しく、警察の審査に合格した人のみしか銃の所持は許可されていません。

また、多くの語学学校では学校内に警備スタッフを配置しており、学生の身の安全を守る体制がとられています。

そのような防犯体制もあってかイギリスは重犯罪が少ない国といわれています。とはいえ、軽犯罪(スリや置き引き等)は日本と比べると多いので日頃の注意は必要です。

イギリス留学の実績がブランド価値となる

「イギリスに留学した!」という経験・実績は、将来のキャリア形成にも役立つ度合いが高いです。

実際にイギリス留学を経験したという学生は、世界各地での就職活動で有利に働くケースが多いそうで、その点で個人のブランド価値を高める留学先といえるでしょう。

イギリス留学のおすすめの語学学校

イギリス留学では、たくさんの語学学校が存在します。多くの学校の中から、「イギリス留学コンパス」がおすすめする語学学校を以下にピックアップしてみました。

学校名をクリック(またはタップ)すると、学校の詳細を説明しているページに飛びますので、気になる方はそちらもご覧ください!

イギリス留学のよくある失敗パターン

多額の費用とまとまった時間を使う海外留学。イギリス留学に限った話ではありませんが、誰しもが失敗避けたいものです。

実際に遠路はるばるイギリス留学したけれども、思っていた留学生活・英語力アップを達成できなかった……という留学生も多くいます。

この記事を読んでいるあなたも同じように留学が失敗に終わらないように、イギリス留学を失敗しないためのポイントを以下にまとめました。

イギリスの治安情報について

全体的には治安が良いとされるイギリスですが、近年、イギリス国家統計局の情報によると軽犯罪が増加傾向にあるそうです。

軽犯罪とは、一般的に「窃盗」「スリ・置き引き」「空き巣」「デートレイプドラッグ」などの被害に遭うこと。

日本とは違うイギリスで犯罪に遭遇すると、被害を最小限に抑えるための対応が日本と同じようには取れない可能性が高いです。

被害を最小限に抑えるためにも、渡航前にトラブルへの対処法を頭に入れておきましょう!

イギリスの天候・気候情報について

イギリスの天候は、夏で平均気温9~18℃。冬は2~7℃ほどであり、しばしば0℃を下回ることもあります。

北海道よりも北に位置するイギリスですが、実際には日本のほうが冬の寒さは厳しいとされています。

海外生活では日本と違う天候・気候により、風邪をひいてしまったりと体調不良を招く原因となる恐れがあります。イギリス留学を決める前には、現地の天候・気候情報はチェックしておきましょう!

イギリスの最新コロナ情報について

新型コロナウイルスの感染が世界的に広まった直後、比較的手早くロックダウンを行ない対策したイギリス。

そのかいあってか、現在では1日の新規感染者数は落ち着き、コロナ以前と変わらないような暮らしに戻っています。

渡航に関する条件についても、2022年3月18日より、ワクチンを接種していない人への出発前検査及び入国後検査を撤廃する旨を発表しています。

イギリス留学のおすすめの都市

ロンドン

london

伝統ある街並み。語学学校数No.1のまさにイギリスの心臓

イギリスの心臓といえる首都ロンドンは、経済・文化の中心地です。

『ロンドンに飽きた者は人生に飽きた者だ』と言われるほど、見どころが豊富な都市であり、歴史・伝統を重んじて古い建物がそのまま残っている街並みはとても荘厳(そうごん)です。

英語留学に関しても、世界中から留学生が集まり、イギリス内では語学学校数No.1を誇ります。

そんなロンドンに関する情報は、以下よりご覧ください!

ケンブリッジ

cambridge

オックスフォードと並び称される世界的な学術都市

ケンブリッジは「サイクルシティ」と呼ばれるほど、自転車に乗っている人が多い街。その理由は、学生が多く在住しているためと言われています。

世界的に有名なケンブリッジ大学を代表として、大学・語学学校も充実しています。

街全体は学術都市の顔を持ちながらも、その割に日本人が少ないため、多様性ある各国の学生と関係を築きやすいでしょう。

そんなケンブリッジの情報は、以下よりご覧ください!

オックスフォード

oxford

生活費が安くコンパクトな、文系学生の街

ケンブリッジが理系(数学や工学)の学生が多い街だとすると、オックスフォードは文系学生の街

こちらも世界的に有名なケンブリッジ大学を代表として、オックスフォードと並ぶ国内2トップの学術都市です。

留学生に嬉しいのは生活費の低さ。街全体も比較的コンパクトであるため、街の中の移動がしやすいのもポイントです。

そんなオックスフォードの情報は、以下よりご覧ください!

ブライトン

brighton

ボヘミアンで開放的。「海辺のロンドン」と称されるビーチリゾート

ブライトンはイギリス南東部に位置する、国内有数のビーチリゾート地です。

「海辺のロンドン」と称されるほど誰もが住みやすい街づくりとなっており、街からは気軽に海水浴に向かうこともできます。

ブライトンはボヘミアンでLGBT文化が根付いている街でもあるため、マイノリティも生きづらさを感じにくい場所といえます。

そんなブライトンの情報は、以下よりご覧ください!