Cornerstone留学体験談

Cornerstone学校詳細情報はこちら

きれいな英語と安全な環境のバンクーバーへの留学

 留学することにした理由や経緯について聞かせてください。また、日本では何をしていましたか?
 日本では大学に通っていて、英語教育を専攻しています。留学の経緯は、元々学生のうちに経験として留学はしておきたいという気持ちがあったと同時に、中学校での教育実習を経験して自分の能力に物足りなさを感じ、留学したいという気持ちが強まりました。
 中学校に入学して英語を初めて学んだときにもっと勉強したいと思い、2年生のとき、当時の中学校で行われているプログラムの2週間短期留学に参加したのがそもそものきっかけです。そこから英語が好きになり、大学でも英語を専攻にして、せっかく勉強しているのだから留学も経験したいと思い、決めました。また、大学で教職コースにも参加していて、教育実習を経験してから自分の英語力に不満が出てさらに留学への思いが強くなりました。

今回選んだCornerstoneですが選んだ理由や最初の印象は?
最初の印象は、日本人学生が非常に少なく、英語能力を伸ばす環境としてとても良いと感じました。過去にカナダへ2週間滞在していたということもあり、カナダについて研究をしている私の大学の教授を訪ねてみたところ、その教授と学校の先生がお知り合いだということを知り、紹介して頂きました。 また、日本人スタッフの方もいらっしゃり細かな説明は日本語でしっかり聞くことができたので、まだ到着したばかりで緊張していましたがとても安心できました。

留学生活をしていく中で学んでいったこと

当校のESL総合英語クラスの授業を受けての感想や意見を聞かせてください。
初めは周りの生徒の勢いに負けてしまっていましたが、慣れてきた今となっては教員の質もよいため、楽しく授業を受けられています。また、ただ Speakingを伸ばすだけの授業ではなくGrammarを学ぶことができ、初めは「これは日本でやったことあるな・・。」と思っていましたが、英語での説明を聞くことで日本語の説明では理解しにくかった部分も理解できたり、同じような意味でもニュアンスの違いに気付くことができたりと、発見が多くとても充実しています

留学生活をしていく中で学んだことはなんですか?
まだ1か月ほどしか過ごしていませんが、会話の楽しさを改めて実感できました。また思ったことの全てを完璧に表現できないというもどかしさも感じました。文化の違いを強く感じています。日本にいたころから文化の違いがあるのは当然で、既に理解しているものだと思って留学生活を始めましたが、教員や友人と話しているときも、日本ではありえないことを話していたり、ありえない行動をしていたりします。 私はカルチャーショックとは無縁だと自分で思っていましたが、そんなこともなく今現在でも色々な文化の違いを感じていて、今ではカルチャーショックも楽しんでいます。

今回の留学で英語力向上のほか、海外生活で特にプラスになったことはありますか?
バンクーバーということもあり、一つの国内で色々な人と出会え、色々な文化を体験できていて自分の価値観の幅を広げられるような経験ができていると思います。
 私自身、親と離れて暮らすのが初めてということがあり、お金の管理などに気を付けています。 また、海外ということもあって日本でしていた適当な生活もできないので、自分の責任感を向上させるような経験ができていると思います。

その他、何かありましたら、自由に書いてください。
ESLの授業を受けていて、発音の壁にぶつかっています。英語には日本語では使わない発音がたくさんあるのでとても苦労しています。時にはクラスメート(スペイン語、ポルトガル語圏)に茶化されたりしていますが、彼らに とって難しく、私にとっては簡単な発音もあるので、逆に茶化していることもあります。いずれにせよ英語を話す上で発音はとても大切なものなので、これからもそれらを気にしながら勉強し続けたいと思っています。


Cornerstone学校詳細情報はこちら

カウンセラーからひとこと

 Cornerstone International Community College of Canadaは小規模から中規模のサイズなため、生徒様一人一人へのケアが良く行き届いている学校です。大伏さんが通っているESLコースを初め、他にもホスピタリティーやモバイルアプリケーションコースなどを扱っているので、基礎英語を身に着けた後、興味のある分野を引き続き勉強する点がお薦めです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る