【カナダ留学体験談】次なる目標はワークビザを取ってカナダでロングステイをすること。

M.Sさん
VanWest卒業

VanWestについてはこちらから

カナダに留学しようと思ったきっかけをお聞かせ下さい。

昔から海外で働きたいとか、住んでみたいという憧れがあったので、どうせ留学するなら短期じゃなくてワーキングホリデーで長期滞在したいと思っていました。ただ、日本で働いていた仕事が忙しかったのと、お金と留学を決意する勇気がなかなか整わなくてずっとどうしようかの繰り返しでいました。
自分の年齢のことやワーキングホリデーが使える年齢ぎりぎりに行くよりは、今行ったほうがいいなと思い、そこからはスパッと仕事も辞めました。周りの人もほとんど賛成してくれたけど、それまで職場の人達にはそんなことをまったく話してなかったので、びっくりしていましたね。

バンクーバーの好きなところは?

バンクーバーは優しい人が多いし、いろんな人種の人達がいて楽しいです。それに住みやすいところも気に入っています。日本だといつも時間かつかつで、仕事に追われている感があるけれど、こっちだと平日でもイングリッシュベイにたくさんの人がいたり、ゆったりしたライフスタイルがすごく良いなと思います。
今まで私が日本にいたときは、留学のお金を貯めるために必死だったけど、今は仕事をしながらでも余裕があってすごくギャップがあるなと思います。 逆に日本の方が良いと思うのは、ビーチでお酒を飲めないことですね(笑)私はお酒が好きで、日本でもビーチに行ったら飲まずに何するの!?という感じだったので、そこはすごく残念でした。

この夏一番楽しかったイベントは何でしたか?

いろいろイベントに参加しましたが、ゲイパレードが楽しかったです。アルバイト先のお店の前に椅子を出して、先輩達と5時間ずっとパレード見ていました。
日本ではまずないようなイベントだったので楽しかったです。夏はイベントが多いからこの時期を体験できるタイミングに来れて本当に良かったです。これからの季節は、スノーボードをするので雪山ですね!

最後に今後の目標を教えて下さい。

バンクーバーが気に入ったので、出来れば今のお店でワークビザを取って、ロングステイしたいと思います。その後はオーストラリアへまたワーキングホリデーに行くことも考えています。最初の留学の目的が英語をしっかりしゃべれるようになるということだったので、やっぱり1年では短すぎると感じています。英語をマスターして帰国したら、ホテルのレセプションや児童英語を教えるなど、英語に携われる仕事を目指したいです。

カウンセラーからひとこと

お酒に関する感覚は日本と北米では違いますね。日本人ならたとえば「お花見」などにもお酒がつきものですよね。ところで、北米では公共の場で「酔っ払う」ことが嫌われるので、お酒好きの人はパーティーなどでも飲む量はほどほどにしておいた方が無難です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る