【カナダ留学体験談】今回の留学で自分に何が足りないのかを明確に出来る良いきっかけとなったので、またぜひ戻ってきたい。

E.Kさん
Kaplan卒業
Kaplanについてはこちらから

留学を決めたきっかけを教えて下さい。

今私は大学院でインターナショナル・バカロレアの美術教育について研究しています。研究に幅を持たせるためにはやはり英文の論文を読んだり外国人の先生から話を聞いたりする機会があるので英語は必須なのですが、忙しさにかまけて中々始められなかったり、そもそもどこから手を付けていいかもわからなかったので、このままじゃだめだと思い留学を決意しました。

今回は4週間という短い期間でしたが英語力の面ではいかがでしたか?

日本では中々英語漬けになる時間を見つけることが出来ないので、充実した毎日を過ごすことが出来ました。頭のなかで日英を訳すのではなく、英語で考える英語脳にもなってきたかなとも思うのですが、なってきたと思った時にはもう帰国なので出来ることならもっと滞在したいです。また、もう少しリスニングもスピーキングも出来ると思っていたのですが、やはりボキャブラリもまだまだ足りないし文章構築も出来ていないなと思いました。弱点を明確に出来たから、今からだと思うのですが、もう明日には帰国なので帰国してからも英語学習は続けていきたいなと思います。

栗田さんは教育に関連した研究をしていらっしゃいますが、語学学校でも日本の教育との違いはみられましたか?

そうですね。やはり教科書だけじゃないというのが印象的です。また、授業の構成が、まるで積み木のように、まず単語、次にその単語を使ったグラマーを、そして今度はそのグラマーを使う会話のデモを授業内でエクササイズという流れになっていたので、学校外でも友達との会話に活かすことが出来ました。自分のものになっているという実感は大切だなと思います。また、自分の意見を求められる機会は多かったですね。もともと意見自体は発言できる方だとは思うのですが、英語でとなるとどうしてもどもってしまうことも多かったです。せめて単語を並べるだけでも!と思って自分の意見を伝える努力はしていました。

最後にこれから留学にくる方へ一言お願いいたします。

カナダにはいろんな国籍の人がいて、そのそれぞれが興味を持つことが違うので、自分や日本では当たり前と思っていたことが話のネタになって話題が盛り上がるもあります。いろんな人と話すきっかけがある時にさらに濃い話が出来ると思うので、自分の興味のあることくらいは英語で話せるようにする準備をしておくことをおすすめします。

カウンセラーからひとこと

自己紹介って結構難しいものですよね。自分に興味のあることも含み、ジョークなども入れてユーモアのある自己紹介を考えてみるといい練習になりますよ!頑張ってください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る