【カナダ留学体験談】3週間という短期でも 充実した留学生活を送ることが出来た

A.Sさん
EC卒業

ECについてはこちらから

留学しようと決めたきっかけを教えて下さい。

もともと英語の勉強をすることが好きだったので、いつのまにか資格取得の勉強が趣味になっていました。そのため日本ではTOEIC、TOEFL、IELTSと、様々な資格の勉強をしていました。Grammarなどは比較的学びやすかったのですが、SpeakingとListeningはやはり独学では難しく、一度英語に囲まれた生活をしてみたいとも思っていたのでこの際思い切って海外に出てみようと思いました。渡航前にもちろん不安は少しはありましたが、それよりも海外にはどんな暮らしが待っているのだろうとわくわくしました。また自分の専攻である医学にも将来的に学んだ英語は活かせると思ったことが海外に来たきっかけです。

留学して良かったことは何ですか?

最も大きな変化は自信を持てたことです。今まで話したことのない世界中の友達と英語でなんだかんだでコミュニケーションがとれているので、今までの頑張りは無駄じゃなかったと思えたし、今後の課題も明確になりました。日本ではなかなか経験できないことを、数週間の間にたくさん経験できたことは自分を成長させてくれました。
もう1つは文化の違いをありありと感じられたことです。日本にいるときは “異文化”というのがピンときませんでしたが、実際に生活をしてみると肌でその違いを感じられました。例えば、ホームステイ先の家族はフィリピン系のカナダ人のご家庭でしたので、“他国籍社会の一般家庭”というのを目の当たりにすることが出来ました。

日本で留学の準備をしていてよかったことはありますか?

日本ではWritingとGrammarの勉強を良くしていたので、それは役に立ったと思います。授業もすべて英語での授業なので最初は心配でしたが、Grammarは勉強してきた甲斐があり良く理解出来ました。ただ、SpeakingとListeningは少し準備が足りなかったので、これから留学される方は、この2つもある程度勉強しておくともっと効率よく学べ、充実した留学生活を過ごせると思います。

この留学を今後どのように活かしていきたいですか?

まずは学校を卒業し医者になることが第一目標です。ただ、この留学で得たものも失わないように、学校で知り合った友達とSNSなどで繋がって今後もお互いに連絡を取り合ったりして英語も引き続き勉強していきたいなと思います。また、今回の留学を経て、いつかは海外に仕事で行けたら良いなという漠然とした目標も持つことができました。Speakingのコツも吸収できたので、日本に帰ってからも活かしていきたいです。

カウンセラーからひとこと

一般的に日本人は文法に秀でていますが、これは日本の英語教育が文法を中心に行っているからでしょう。文法は、後々になってとても大切ですので、この点では日本の英語教育を評価できると思います。SpeakingとListeningは練習して慣れるしかありませんが、帰国してからも生の英語に触れる機会はあると思いますので、ぜひ続けてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る