セブ留学都市生活とリゾート生活のいいとこどり!

フィリピンを代表するリゾート地が「セブ」です。

国内外から多くの観光客が訪れ、ビーチやマリンスポーツで余暇を楽しむこの南国のリゾート地は、格安英語留学できるエリアとしても人気のスポット!

「英語留学したいけど費用がかかりすぎるのはイヤ……」。そんな留学希望者にもってこいのフィリピン・セブの留学情報を一挙にまとめました。

以下ページ内には、各テーマ別に詳しく解説している記事へもご案内しておりますので、ぜひそちらもあわせてご覧ください!

セブの基本情報について

cebu-palm-tree

フィリピンのセブは、首都のマニラから南に約562kmの場所に位置する国際的に有名なリゾート地です。

中部ビサヤ地方に属し、フィリピン国内では人口が5位の都市であり、アジア屈指のリゾートアイランドといっても過言ではありません。

セブ州はセブ島やマクタン島をはじめ、167の島々から構成されており、これらをまとめて「セブ」と言います。

そんなセブに関する基本的な情報を以下にまとめてみました!

地域名 セブ(Cebu City)
面積 セブ島全体で4,422平方キロメートル
人口 約335万人(2020年)
気温 1年を通じて平均気温は25~33℃前後
言語 フィリピン語(タカログ語)と英語
通貨 フィリピンペソ
時差 -1時間
宗教 キリスト教徒(93%)、イスラム教(5%)
電源プラグ A、B3、C型

セブ留学に必要な費用について

coins

では、セブ留学にはいくらほどかかるのでしょうか?

南国のリゾート地でつい浮かれて出費がかさんでしまわないように、セブ留学前にはしっかりと費用の計画を立てておくことが大切です。

以下に、1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別でフィリピン留学に必要な費用をまとめてみました。

留学期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
一般的な費用 約30万円 約70万円 約130万円 約250万円

セブ留学では、1カ月に約30万円の費用がかかります。

そのうち、語学学校への入学金・学費は約15万円となり、残りの15万円は「航空券代(往復)」「パスポート・ビザ申請費」「海外留学保険料」「健康診断料」「生活費」などとなります。

つまり、学費を差し引くと1カ月15万円ほどあれば留学生活を送ることができる計算になります。

さらに以下に、英語留学先として人気の高いアメリカ・オーストラリア・カナダとの留学費の違いをまとめてみました。

留学の期間 セブ アメリカ オーストラリア カナダ
1カ月 約30万円 約60~70万円 約40~50万円 約40~50万円
3カ月 約70万円 約140~160万円 約80~100万円 約80~100万円
6カ月 約130万円 約280~320万円 約160~200万円 約160~200万円
1年間 約250万円 約560~640万円 約320~400万円 約320~400万円

他のメジャーな英語留学先と比べると、セブ留学はだいぶ安く費用を抑えることができそうですね。

より詳しくセブ留学の費用について知りたい方は、以下ページをご覧ください!

セブに留学するメリット・おすすめポイント

smile-woman

格安で英語できるセブ留学ですが、費用面以外のおすすめポイント・メリットも気になりますよね。

セブ留学のおすすめポイント・メリットは以下の5つです。

  • 勉強と遊び、どちらも楽しめる
  • 英語が話せない人でも安心して留学できる
  • 語学学校が多く、目的に合った学校が見つかる
  • ヨーロッパ留学、アメリカ留学よりはるかに安く留学できる
  • 学生寮で安全に留学生活を送れる

以下の記事では、そんなセブ留学のおすすめポイント・メリットを詳しく解説しています。

もっと知りたいという方は、ぜひチェックしてみてください!

セブ留学のおすすめの語学学校

man-study

留学地として人気のセブには、数多くの語学学校があります。

そのため、学校の規模も学習内容も、自分の英語学習やその後のキャリアの目標から逆引きして、“自分にあった学習環境”を選ぶことができます。

留学の目的や、期間や予算、求める雰囲気などから自分に合った学校を選びましょう!

以下は、セブ島にある主な語学学校です。

より詳しい学校ごとの解説は、以下のページ内で行なっておりますので、深く知りたい方はぜひご覧ください!

セブ留学の治安情報について

police

海外に留学する人の誰もが気になるのが現地の治安です。

軽犯罪などのトラブルに巻き込まれることなく、日々の生活で気を張らず安心して海外留学をしたいですよね。

その点、セブはフィリピンの中では治安が良いとされている街です。日本人留学生や観光客も多いため、日本人が街なかで悪目立ちすることもありません。

とはいえ、日本と比べるとスリや窃盗など軽犯罪に巻き込まれるリスクは高いと思われますので、日頃からスキを見せないようにしてください。

より詳しいセブ留学での治安情報やトラブルへの対処法は以下ページにまとめておりますので、気になる方はチェックしてくださいね!