バギオ留学日本人の少ない避暑地で濃い留学生活を

フィリピンのルソン島北部にあり、国内有数の避暑地として穴場スポット的に人気のある「バギオ」。

日本人からすると、あまり英語留学のイメージが少ないかもしれませんが、実はフィリピン留学のおすすめスポットでもあります。

そんなフィリピン・バギオの留学情報を一挙にまとめてみました。

本記事内では、各テーマごとに詳細の記事へのご案内もしていますので、そちらもあわせてぜひご一読ください!

バギオの基本情報について

baguio-city

バギオは、フィリピン北部ルソン島にある都市です。

標高1,500mという高地に街があるため、バギオは別名「サマーキャンプ」とも呼ばれ、その過ごしやすい気候から国内有数の避暑地として有名です。

フィリピンというと蒸し暑い気候のイメージですが、バギオは年間を通じて平均最高気温は26℃と大変過ごしやすいエリアです。

そんなバギオに関する基本的な情報を以下にまとめてみました!

地域名 バギオ(Baguio)
面積 57.51平方キロメートル
人口 約35万人(2015年)
気温 平均最高気温 26℃、平均最低気温10℃ほど
言語 フィリピン語(タカログ語)と英語
アクセス マニラから車で約6時間。長距離バスで約7時間
標高 1,540m
宗教 キリスト教徒(93%)、イスラム教(5%)
電源プラグ A、B3、C型

バギオ留学に必要な費用について

study-abroad-costs

では、バギオ留学には一体どれくらいの費用が必要なのでしょうか?

アメリカやオーストラリアといった英語留学で同じく人気の高い国と比べると、フィリピン留学は格安な印象があります。それは、バギオ留学も同様でしょう。

とはいえ、海外留学の渡航前にはしっかり家計計画を立てて、余裕をもって費用を工面しておくべきです。

以下に、バギオ留学の1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別に必要な費用をまとめてみました。

留学期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
一般的な費用 約30万円 約70万円 約130万円 約250万円

上記の通り、バギオ留学に1カ月行くとすると約30万円の費用がかかります。

これは、同じフィリピンのセブ留学やマニラ留学と比べても同じ水準と考えてよいです。

滞在1カ月の約30万円の細かな内訳は、ざっと以下のようなかたちです。

  • 入学金・学費 = 約15万円
  • 航空券代(往復) = 約6万円
  • パスポート・ビザ申請費 = 約2万円
  • 健康診断料 = 約3万円
  • 海外留学保険料(半年間 有効)= 約1万円
  • 寮デポジット = 約7,000円
  • 生活費 = 約4万円
  • 空港税 = 約2,000円

一言で説明をすると、30万円のうち15万円が「入学金・学費」、残りの15万円が生活費や航空券代などということです。

次に、英語留学先としてセブ留学とあわせて比較されやすいアメリカ・オーストラリア・カナダとの留学費の違いを整理してみました。

留学の期間 バギオ アメリカ オーストラリア カナダ
1カ月 約30万円 約60~70万円 約40~50万円 約40~50万円
3カ月 約70万円 約140~160万円 約80~100万円 約80~100万円
6カ月 約130万円 約280~320万円 約160~200万円 約160~200万円
1年間 約250万円 約560~640万円 約320~400万円 約320~400万円

やはり、アメリカやオーストラリア・カナダといったフィリピンと比べると先進国にあたる国への留学では、かなりまとまった費用がかかってしまいます。

その点でも、「まずはライトに英語留学を経験してみたい!」という方にとっては、バギオ留学はとてもおすすめと言えるでしょう。

バギオに留学するメリット・おすすめポイント

woman-jump

このように費用を抑えて英語留学できるバギオ留学ですが、メリットはお金面だけではありません。

以下に、バギオ留学のおすすめポイント・メリットを洗い出してみました!

  • 学生やキャンパスが集中している
  • スパルタ式の学校が多い
  • 快適な気候で英語学習に集中できる
  • 日本人が少ない環境
  • 治安が良いエリア
  • 留学費用が安い

以下の記事では、そんなバギオ留学のおすすめポイント・メリットを詳しく解説しています。

もっと知りたいという方は、ぜひチェックしてみてください!

バギオ留学のおすすめの語学学校

classroom

避暑地として大変過ごしやすいバギオには、日本人学生こそ少ないものの英語の語学学校がいくつかあります。

しかし、同じフィリピンの中で人気のセブやマニラと比べると、語学学校の数は少ないのが実情です。

とはいえ、無数に学校が存在する街と比べると、数が絞られているので自分にあった語学学校も選びやすいと捉えることもできるでしょう。

留学生活の充実度や成功は、どの語学学校を選ぶかが大きく左右します。

安易に決めてしまうのではなく、自分の留学の目的や期間・予算・校内の雰囲気などをしっかり調べてから決めるようにしてくださいね。

そんな、バギオにある主な語学学校は以下です。

  • PINES メイン校
  • Baguio JIC
  • A&J

バギオ留学の治安情報について

patrol-car

バギオは避暑地として、国内の富裕層や政治家らが利用することが多いためか、街の財政や治安は安定していると報告されています。

そのため、基本的には最低限の警戒(海外旅行ですべき対応)を行なっていれば、トラブルに巻き込まれる可能性は低いと考えてよいでしょう。

そのうえでご紹介しておくと、バギオ内で治安が良いと言われているエリアは、「Leonila Hill」「General Luna」「Trancoville」「Session Road」「Burnham Hill」周辺です。

反対に治安に注意すべきと言われているエリアは、「Loakan Airport」「Burnham Park」「Nevada square」周辺です。

バギオに限った話ではありませんが、海外生活では”自分の身は自分で守る”意識を常にもち、周囲への最低限の警戒心は切らさないようにしてくださいね!

より詳しいバギオ留学での治安情報やトラブルへの対処法は以下ページにまとめておりますので、気になる方はチェックしてくださいね!