マルタ留学"地中海の宝石"で英語を学ぶのはいかが?

マルタ共和国(以下、マルタ)は、南ヨーロッパにある島国でイタリアのシチリア半島から93kmほど南に位置する場所にあります。

「マルタ島」「ゴゾ島」「コミノ島」の3つの諸島から成り、1964年にイギリスから独立し、現在はEU(欧州連合)に加盟している共和制国家です。

そんな地中海に浮かぶリゾート地として有名なマルタは、近年、英語留学先としても人気を集めています。

「マルタ留学コンパス」では、英語留学先を検討している方に向けてマルタの留学情報をまとめてお届けしています!

マルタの基本情報について

マルタは南ヨーロッパに浮かぶ3つの諸島から成る小さな国です。国土の面積は316平方キロメートルであり、日本の淡路島の約半分という点からもその小ささが伺い知れます。

1年を通して温暖な気候であり、周囲を美しい海に囲まれているマルタでは、日本では味わえない開放的な南ヨーロッパの空気を感じることができます。

街全体で歴史的に価値のある建物を残しているため、世界遺産の古代遺跡をはじめ、写真映え(インスタ映え)するスポットに溢れている国でもあります。

そんなマルタの基本的な情報を以下に整理してみました!

国名マルタ共和国(Republic of Malta)
首都バレッタ
面積316平方キロメートル(淡路島の半分)
人口約52万人(2021年)
公用語マルタ語及び英語が公用語
通貨ユーロ
時差-7時間
宗教カトリック
電源プラグA型
※ 引用元:マルタ基礎データ|外務省

マルタ留学に必要な費用について

では、マルタ留学にはいくらかかるのでしょうか?

マルタは近年、英語留学先として世界的にジワジワと人気が高まっているエリアです。

一般的には、カナダやオーストラリア・アメリカ、少し費用を抑えてフィリピン……などが英語留学先として一番に頭に浮かぶことと思いますが、これからはマルタも候補に入れるべきかもしれませんね。

以下に、1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別でマルタ留学に必要な費用をまとめてみました。

留学期間1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
一般的な費用約25〜50万円約50〜90万円約100〜150万円約200〜250万円

マルタ留学は一般的な価格帯でも、1カ月で約25~50万円ほどかかります。

同じヨーロッパの英語留学先として候補にあがるイギリスと比べると、マルタ留学は費用を抑えることができます。

以下はイギリス留学との費用の比較です!

留学の期間マルタイギリス
1カ月約25~50万円約50~80万円
3カ月約50~90万円約120~200万円
6カ月約100~150万円約230~380万円
1年間約200~250万円約440~740万円

【期間別】イギリス留学の費用を徹底解説!節約術もご紹介!

さらに「リーズナブルな語学学校を選ぶ」、「コースを調整して無駄な費用をカットする」などの工夫を行なえば、上記の表以上に留学費用を抑えることが可能でしょう。

さらに以下に、英語留学先として人気の高いアメリカ・オーストラリア・カナダとの留学費の違いをまとめてみました。

留学の期間マルタアメリカオーストラリアカナダ
1カ月約25~50万円約60〜70万円約40~50万円約40~50万円
3カ月約50~90万円約140〜160万円約80~100万円約80~100万円
6カ月約100~150万円約280〜320万円約160~200万円約160~200万円
1年間約200~250万円約560〜640万円約320~400万円約320~400万円

マルタに留学するメリット・おすすめポイント

現在、マルタには約7万人もの学生が英語留学していると報告されています(うち、17歳以下のジュニア留学生の割合は約4万人)。

国籍別の学生比率は、1位がイタリア人で27%、その次にドイツ人が11%、フランス人が10%、ロシア人が6%……であり、なんと日本人は全体のたった4%ほど。

しかし、最近ではメディア露出の効果もあってか、日本人でマルタに留学する人が右肩あがりに増えてきています。

では、マルタ留学はどんな点が魅力的(メリット)なのでしょうか? 以下に整理してみました。

地中海の自然と世界遺産に囲まれて学習できる

マルタの魅力はなんといっても地中海の真ん中に浮かび、温暖で青い海が広がる開放的な環境です。

歴史的に価値のある世界遺産や見どころのスポットも多くあります。

  • 街全体が世界遺産の「ヴァレッタ地区」
  • 聖ヨハネ大聖堂
  • 騎士団長の宮殿
  • アッパー・バラッカ・ガーデン
  • カーマライト協会
  • パレス広場
  • ポルトマソ・マリーナ
  • スピノーラベイ
  • ネコ公園
  • バスチオン広場
  • ドヴェイラ湾・ブルーホール
  • タ・ピーヌ教会
  • ジュガンディーヤ神殿

このように、国土は小さいものの街のいたるところが目を見張る美しさで、つい写真に収めたくなる“映えるスポット”が目白押しです。

英語に集中するときは集中し、街を楽しむときには思いっきり楽しむ……そんなメリハリのある留学生活を送れることでしょう。

ヨーロッパの学生と親しくなれる

先ほどもお伝えしたように、マルタに留学する人はイタリア・ドイツ・フランス・ロシアなどヨーロッパ出身の人が多い傾向にあります。

日本人でいうと、例えば格安で行くことができる点で若者に人気の「フィリピン留学」では、人気が故に現地には日本人が多く、結局、日本人同士で集まって行動してしまいがちです。

しかし、マルタ留学では日本人が多くはないため、海外留学の醍醐味である他国の学生と交流を深めやすく、友人との交流を通じても英語力を高める機会を作ることができるでしょう。

マルタ人はのんびりした性格でストレスを感じにくい

マルタ人の国民性は「フレンドリーでとてもマイペース」と言われています。

温暖な地中海の空気や気候が影響しているのか、街全体に優雅でのんびりとした雰囲気が漂っています。

慣れ親しんだ日本とは違い、異国での生活は本人が自覚している以上にカラダにストレスを溜め込んでしまいがちです。

特に留学して間もない時期や少し生活感を掴めた時に、どっと疲れや暮らしにくさを感じてしまうと、その後の留学生活の充実度を下げてしまうでしょう。

しかしながらマルタでは、時間の流れが緩やかなため、街を散策しながら一息ついて、気持ちをリフレッシュさせながら毎日の英語学習に打ち込むことができます。

マルタ留学のおすすめの語学学校

マルタ留学では、たくさんの語学学校が存在します。多くの学校の中から、「マルタ留学コンパス」がおすすめする語学学校を以下にピックアップしてみました。

学校名をクリック(またはタップ)すると、学校の詳細を説明しているページに飛びますので、気になる方はそちらもご覧ください!

マルタ留学のよくある失敗パターン

期待に胸を躍らせている留学前にはあまり想像しないかもしれませんが、海外留学には失敗がつきものです。

“思い描いた理想の留学生活が待っている”……と思ったら大間違い。理想と現実のギャップに落胆し、帰国後に留学を後悔する人も少なくはないでしょう。

英語留学でよく見られる失敗例には、以下のようなものがあります。

  • 留学すれば英語力は勝手に上がると勘違いしている
  • 語学学校選びをいい加減にしている
  • 英語の基礎学習・基礎理解が疎かである
  • 英語学習の明確な目標が定まっていない
  • 日本から直行便がないので予想以上に出費がかさみ疲労がたまる
  • 日本人らしいシャイさが出て、積極的に英会話ができない
  • 理解が浅いまま、授業をやり過ごしてしまう
  • 日本人とばかりつるんで課題に取り組んでしまう
  • 語彙力を増やす努力をしていない
  • 治安の良さに慢心してスリ等のトラブルにあう
  • 魅力的な街に浮かれ、英語の自習が疎かになってしまう
  • 家計のやりくりに計画性がなく、資金が尽きてしまう

これらのよくある留学の失敗例について、以下のページで詳しく解説しています!

マルタの治安情報について

海外留学生活で気を付けなければならないのが、犯罪やトラブルです。

マルタは国際的な比較データによると、犯罪率は全体平均より低く、女性一人でも安心して過ごせる国といえます。

しかし、「パーチャビル」や「マルサシュロック」「アルバートタウン」は、スリや窃盗、売春によるトラブルなどが報告数がマルタ国内では多いので注意が必要です。

以下ページにマルタの治安情報とトラブル時の対処法をまとめていますので、気になる方はチェックしてください!

マルタの天候・気候情報について

マルタは地中海性気候と呼ばれる気候であり、夏の最高気温は30℃ほど、冬の最低気温は10℃ほどとなります。

4月~10月は乾季となり雨があまり降らず、11月~3月は雨期となり雨がよく降ります。

地中海のリゾート地としてのイメージが強いマルタでは、海水浴を楽しむためにもベストシーズンの6月~8月に訪れたいところです。

マルタ留学を計画する際には、この夏の時期にあわせて留学スケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。

マルタの最新コロナ情報について

ヨーロッパの一角であるマルタにも、周辺の国々と同じように新型コロナウイルスの脅威は広まりました。

しかし、比較的早期から感染拡大を防止する策を進めていったため、現在では他のヨーロッパ諸国と比べると高いワクチン接種率に達しています。

2022年10月1日時点では、学生ビザは発給されており、日本からの入国に際ししてコロナ関連の条件は全て撤廃され、特に制限を受けることなく入国できるようになりました。

ただし、日本からマルタへの直行便はありませんので、マルタとは関係なくともトランジットで経由する国の入国ルールは必ず事前に理解し、必要な書類手続きは済ませておくよう気をつけてください!

マルタ留学のおすすめの都市

セントジュリアン

malta-streetscape

美麗な青い海が目の前にある有名リゾート地

「マルタといえばセントジュリアン」というイメージが強いほど、マルタを象徴する街です。

人口は約1万人、国の北東部に位置し、青い海・湾岸に囲まれたリゾートと地として有名。周囲には高級ホテルやショッピングセンターが並び、ナイトライフも楽しめるスポットが充実しています。

具体的には「スピノーラ湾」「ポートマソ マリーナ」「セントジョージズベイ」などの海沿いエリアが景色が素晴らしく、近くのコミノ島への観光クルーズなども体験する価値があるでしょう。

また、日本では体験できない「Casino Malta by Olympic Casino」などのカジノもありますので、節度は設けたうえで夜遊びに興じるのもまた良いでしょう!

そんなセントジュリアンに関する情報は、以下よりご覧ください!

スリーマ

malta

セントジュリアンより少し落ち着いている穏やかな海岸線

セントジュリアンより、少し南東に移動した場所にあるのがスリーマです。

マルタは国土が極めて小さいため、ほぼ目と鼻の先にあるといっても過言ではないでしょう。

スリーマは海に面した場所であるものの、大勢が海水浴するようなビーチはなく、全体的にゴツゴツとした岩場が目立っています。

スリーマにおける見どころは、隣のバレッタへ船で移動する「バレッタフェリー」、1878年に建築されたバロック調様式の教会「ステラマリス協会」、海沿いにありのんびりお散歩もできる公園「インディペンデンス ガーデンズ」などです。

セントジュリアンから簡単に移動もできますので、マルタに留学した際にはスリーマ観光も楽しんでみてください!

そんなスリーマに関する情報は、以下よりご覧ください!