どうする?海外旅行保険

当社でご利用頂ける保険は下記3つのプランがあります。
①カナダの現地保険
②日本の留学生向け海外留学保険 ③カナダの保険と日本の保険の両方ともに加入するハイブリッドなプラン(③=①+②)
こちらは、カナダの保険と日本の保険を組み合わせ、カナダの保険で医療をカバーし、日本の保険で生命・損害をカバー、つまり、カナダの保険に日本の保険を上乗せするプランです。
カナダの保険は保障が不安だし、日本の保険は保障は充実しているけど高いし……という方への新たな選択肢となります。
それでは、詳しく見ていきましょう。

海外旅行保険って必要?

自転車や階段などで転んで運悪く骨折してしまい、カナダで病院に行くとなると、 医療費は軽く$10,000を超えてしまいます。 たとえ滞在日数が短くても、海外旅行保険への加入はとても大切なんです!

【海外旅行保険の分類】

医療保険

留学中に病気や怪我で治療を受けた時の治療費を保障
(例)階段やスキー・スノボーなどで転倒し骨折をしまった場合など

生命保険

留学中の事故による死亡や後遺障害を負ってしまった時の保障 (例)くも膜下出血で意識不明となり救急車で搬送され入院、死亡した場合など

損害保険

留学中に他人に損害を与えてしまったり、自分の所持品の盗難・破損の時の保障 (例)他人にケガをさせてしまったり、ホテルの備品を壊し賠償責任を受けた場合など

POINT

「医療保険」については必ず加入しましょう!
「生命・損害保険」については、どこまでの保障を求めるかによって 判断が必要です。
もちろん、保障が厚くなればなるほど、保険料も高くなります。

カナダ現地の医療保険と日本の留学生向けの海外旅行保険の違いは?

大きな違いは「保障内容とサポート」です。

カナダ現地の医療保険の特徴

  • カナダ現地の医療保険の特徴
  • 1日あたりの保険料は安い
  • 生命・損害保険分野の保障がほとんどない

日本の留学生向け海外旅行保険の特徴

  • 生命・損害保険部分の保障が手厚い
  • 航空機遅延のトラブルにも対応
  • 日本語のアシスタントサービスが受けられる
  • 1日あたりの保険料が高い
  • 日本出国前に保険に加入する必要がある

カナダ現地の医療保険 ガードミーについて

ガードミーとは海外に長期滞在する留学生のための保険です。日本に限らずカナダの留学生、特に大学生はだいたい入っている保険です。

保険料:1日あたり2$

保険料の例
1年間365日 $730(約6万円)
半年間183日 $366(約3万円)

メリット

1格安な保険料
一日あたり$2という、格安な保険料
2医療に絞った補償を受けられる
補償限度額は200万カナダドル(約2億円)。緊急の医療に対応するには十分な保障額。
3キャッシュレスで受診が可能
ガードミーの協力病院やクリニックではキャッスレスで受診が可能。
4オンラインで簡単に保険金請求
キャッシュレスでかかれない医療機関で受診した場合でも、オンラインで簡単に保険金の請求。
5日本とカナダのどちらからでも申込み可能
日本からでも、カナダからでも、世界のどこからでも申込み可能。
6旅行中の医療もカバー
カナダ滞在だけでなく日本以外への旅行(アメリカの場合は旅行1回あたり30日まで)中の医療費もカバー。

デメリット

損害への補償がない
上に挙げた格安な保険料のメリットの裏返しですが、ガードミーは医療保険なので、生命保険、損害保険分野の補償はほとんどありません。

日本の留学生向け海外旅行保険

一般的な日本の留学生向け海外旅行保険とは、海外留学中に病気やケガをした際に 治療などにかかる費用を保障する保険で、その他にも、盗難・航空機遅延・個人賠償のトラブルなども保障します。

保険料:1日あたり500~1,700円程度

保険料の例
1年間365日 18万円~62万円程度
半年間183日 10万円~25万円程度

メリット

1事故対応力が高く、世界各地の提携病院数が充実している
海外に多数の拠点を展開、24時間対応の日本語電話アシスタンスサービスが受けられる。
2盗難、航空機遅延、賠償のトラブルなども補償
3歯科をカバーするプランあり
「留学中に急に歯が痛くなった」「昔治療した歯の詰め物がとれてしまった」など、応急的な治療に対応。
4長期滞在にも対応
1年まで対応可能で、1年以上の場合も契約延長で対応可能。

デメリット

保険料が高い
損害保険部分の補償が手厚く保障され、日本語のアシスタンスサービスが受けられますが、その分1日当たりの保険料は高額です。

日本の海外旅行保険をお申込みの方は、こちらより資料請求をお申込ください
(当社の提携先よりご案内させて頂きます)

資料請求

ガードミーと一般的な日本の留学生向けの 海外旅行保険の比較

サービス項目 カナダの留学生保険(1年間) 一般的な日本の留学生向け海外旅行保険(1年間)
※下記はあくまで一例であり、プランにより大きく異なります。
傷害死亡 $50,000(事故死の場合のみ) 500万円~1億円
傷害後遺障害 $50,000(手足の切断の場合のみ) 30万円~1億円
疾病死亡 なし なし~3,000万円
治療費用 $2,000,000(およそ1億7000万円) 1,000万円~無制限
救援費用 航空券代$5,000、滞在費$1,500 1,000万円~無制限
歯科治療費用 なし なし~10万円
個人賠償責任 なし なし~1億円
生活用動産 なし なし~100万円
航空機寄託手荷物遅延 なし なし~10万円
航空機遅延費用 なし なし~3万円
保険料 およそ62000円($730) 18万円~62万円程度

保障内容で比較:日本の保険>カナダの保険
保険料で比較:日本の保険<カナダの保険

海外旅行保険を選ぶ時のポイント
①保険カナダの現地保険「ガードミー」で医療保険のみ保障
②日本の留学生向け海外留学保険で医療・生命・損害保険を全て保障
または、
③カナダ・日本の保険の良いところ取りをして、保障を充実させ、コストも抑える

それは!

カナダの保険で医療を、日本の保険で生命・損害を保障をする
ハイブリットプラン。

比較イメージ図

医療保険はガードミー、生命保険と損害保険は海外留学保険と別々の保険を組み合わせることで、よりお得な保険料で万全の補償を受けることが出来ます。

保険の内容や保険料などより詳しく知りたい方は、
こちらからお問い合わせください

お問い合わせ