ページトップへ LINEで相談!

コロナ規制中のカナダ入国方法まとめ

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、カナダでは3月以降外国人の入国制限を設けています。

さらに、ビザ申請に関連した特例などが次々と発表されており、渡航に関する状況は目まぐるしく変化しています。

 

そんな中、カナダ留学コンパスでは常にカナダ移民局の最新情報を把握し、これまでの経験やノウハウに裏付けされた確かなサービスをご提供し続けております。

万全のサポートと皆さまの「カナダに行きたい!」という強い想いと努力の結果、弊社の会員さまは続々とカナダ入国に成功し、現地にて授業を開始しております。

もちろん、弊社のお客様にはいつもどおり、空港到着時からLINEでサポートを行いますので、ご安心ください。

 

この記事では、コロナパンデミック発生以降、カナダに入国するにあたり必要となります

  • 渡航前の準備物
  • カナダに持参するもの
  • 日本での出国審査の準備
  • カナダ到着後の入国審査の準備

に関する情報をまとめています。

また、カナダ政府より定められている入国後14日間の自己隔離期間の過ごし方や、通常とは異なる弊社のサービスについてもまとめていますのでご確認ください。

※2020年8月29日現在の為替レート $1=80円 としています。 

渡航前の準備

日本での出国審査、カナダの入国審査、そして現地に到着してからスムーズに生活がはじめられるよう、事前に下記の物をご準備していただいております。

1)携帯電話の契約、番号取得

現地でのスマホ契約は、バンクーバー空港に到着した直後から使える携帯電話サービスをご利用いただくと安心です。

弊社が提携している携帯電話会社「PhoneBox」は、ひと月$25(約2,000円)から使える留学生向けの格安携帯電話サービスです。

しかも、利用料が安いだけではなく、

  • SIMカードが無料
  • SIMカード送料も無料
  • 事務手数料も無料

となっており、利用料を抑えたい方に大変おすすめのサービスです。

SIMカードは渡航前にご希望の日本の住所まで発送しますし、さらに、日本にいる間にオンラインで契約が済ませられるので、現地でわざわざ携帯電話会社に行く必要もありません。

バンクーバー空港についたらすぐにスマホが利用できるので、トラブルがあってもすぐに弊社の現地オフィスと連絡がつきます。

2)滞在先の確保

現在、カナダに入国した渡航者は入国後14日間の自己隔離が義務付けられています。

隔離中は一切滞在先から出るのは禁止されていて、食料品や日用品の買い物に出かけることもできません。

さらに、留学生に人気のシェアハウスも「3密」になってしまうので、隔離期間中に利用することはおすすめできません。

 

そこで弊社は、隔離期間中も留学生の受け入れをしているホームステイ先をご紹介しております。

現地到着後にも安全に過ごせる個人の部屋トイレ・シャワー一日三回の食事も提供してくださいますので、安心してご利用いただけます。

3)保険の手配

海外に渡航する際に絶対に忘れてはならないのが医療保険です。

弊社が提携している格安の留学生向け医療保険ガードミー(guard.me)」は、充実した補償内容を安い保険料で受けられる、大変おすすめの保険サービスです。

ガードミーの一日当たりの保険料はたったの$2(約160円)、一年滞在しても $730(約5.8万円)に抑えることができます。

しかも、補償は最大 $200万(約1.6億円)なので、緊急の医療に対応するには十分と言えます。

保険金の請求はオンラインで簡単にできますし、万が一の際は弊社の現地オフィスが請求をお手伝いいたしますのでご安心ください。

9月1日追記

入国の条件として、下記の補償を含む保険の加入が義務付けられました。

・入院費用
・緊急時の帰国費用

もちろんガードミーはこれらの補償を含んでいますのでご安心ください。

カナダ留学に安心の留学生保険~ガードミー~:緊急帰国時の費用もカバー

4)自己隔離計画書の提出

カナダ・ブリティッシュコロンビア州に入国する際に、自己隔離計画書(Self-Isolation Plan)の提出が求められます。

この計画書には

  • 隔離する滞在先の住所
  • 滞在先までの移動手段
  • 食事や日用品の確保の方法

などについて入力します。

この自己隔離計画書は、下記のサイトから事前にオンラインで提出することができます。

5)ArriveCANアプリのダウンロード、提出

ArriveCAN(アライブキャン)とは、カナダ政府独自のコロナ追跡アプリで、入国の際に必ず提出が必要となります。

こちらも事前にアプリをダウンロードし、情報を入力できます。

6)必要書類の印刷、署名

現在カナダでは渡航制限が設けられているため、出国・入国審査時に証明書類の提出が求められることがあります。

  • 隔離先の資料(弊社作成)
  • 学校からの通常開講レター(学校作成)
  • ビザの期限延長依頼レター(弊社作成)
  • ビザの許可証(学生ビザまたはワーホリビザ)
  • ジョブオファーレター(ワーホリビザのみ)
  • 海外保険証
  • 学校の入学許可証(旧、新の両方とも)
  • 航空券(Eチケット)
  • 残高証明書 (※ワーホリ、必要に応じて)
  • 自己隔離フォーム(申請番号と内容を印刷したもの)
  • アプリの申請証明書(申請番号と内容を印刷したもの)
  • 入国時の説明レター(対象者)

お忘れのないように持参しましょう。

コロナ時特例で持参するもの

コロナウイルスが落ち着くまでは、特例的に下記の物もご準備ください。

  • パソコンもしくはタブレット(到着後、学校によってはオンライン授業が行われるため)
  • マスク、消毒
  • 隔離期間中使用できるシャンプー、リンス、ボディソープなど
  • 隔離中の間食(カップラーメンや、お菓子など)※希望の方のみ

日本の搭乗時

日本で空港に到着すると、チェックインカウンターで出国審査があります。

学生ビザの提出書類】
・入学許可証
・学校再開レター
・ビザの許可証

ワーホリビザの提出書類】
・ジョブオファー
・ビザの許可証

出国審査で聞かれる質問事項

「オンライン授業は不要不急ではないか?」

→学校が再開する目処を伝え、学校の再開レターを提示してください。

審査の流れ

出国審査では、空港スタッフが大使館に確認の連絡を入れ、さらに大使館からカナダのCBSA(Canada Border Services Agency)へ確認が入ります。

そこで最終的に渡航可否が出ます。

※2020年8月27日現在、この手続が省かれることがあるようです。

この審査を通れば、無事搭乗手続きが完了です。

バンクーバー空港到着時

入国審査

カナダ・バンクーバー空港に到着すると、書類を記入するため机に誘導されます。

事前にアプリで提出を済ませることでこの種類は省略できますので、「すでにアプリで提出しています」とオフィサーに伝えましょう。

入国審査時に聞かれる質問事項

「何のために入国するのか」

「カナダで何をするのか」

「いつ帰国するのか」

「オンライン授業で不要不急ではないか」→学校が再開する目処を伝え、学校の再開レターを提示してください

「14日間の隔離期間中に、どこに滞在するか」→ホームステイ先の住所を提示してください

「滞在先は隔離されているか」→ YES と答えてください

「65歳以上の人が家庭にいるか」→ NO と答えてください

「滞在先では食べ物は与えられるか」→ YES と答えてください

 

落ち着いて答えることができれば、問題なく入国できます。

必ず、事前に英語で答える練習をしてください。

荷物の受け取り

通常の入国時の通り、預けていた手荷物の受け取りをしてください。

ビザオフィスで学生ビザ、ワーホリビザの発行

ビザのオフィスで学生ビザ、またはワーホリビザを発行してもらえます。

下記の3つの書類を提示してください:

  1. ビザの許可証
  2. 旧・新の入学許可証
  3. ビザの期限延長依頼レター

コロナの関係で、すでにお持ちの学生ビザの期限が短くなっています。

新しい入学許可証を見せて、ビザ期限の延長依頼ができるかもしれません(現時点では弊社の生徒様の延長成功率は20%ほどです)。

延長申請が空港でできない場合、後日ビザの延長申請が可能ですのでご安心ください。

空港からの送迎

現在はコロナの影響で、空港到着後からホームステイ先までの送迎サービスを行っておりません。

ただし、空港からはタクシーの使用が許可されていますので、タクシーで滞在先まで向かっていただきます。

 

バンクーバー国際空港からタクシーを利用する場合、料金は距離ではなくゾーンで固定されています。

空港からバンクーバー市内まで約$20~$30で(約1,600~2,400円)となっています。

各ゾーンへの料金はこちらのマップをご参照ください。

隔離期間中のホームステイ先の滞在について

隔離期間中のルール

14日間の隔離期間中は、安全のためホームステイ先のご自身のお部屋の中で滞在していただきます。

ホームステイ先のホストファミリーとも、対面での会話は禁止されておりますのでご注意ください。

何か会話をする際は、通話もしくはテキストをご利用ください。

隔離期間中の生活

共用スペースの利用

必要時以外は、リビングなどの共有スペースの使用は禁止です。

必ずお部屋に滞在してください。

共有スペースに行く必要があれば、マスクの着用は必須です。

また、ホストファミリーがいらっしゃらないタイミングに利用するよう心がけてください。

食事

食事は一日三食、ホストファミリーが部屋の前に置いてくださいます。

部屋から出る必要はありません。

トイレとシャワー

トイレやシャワーはホストファミリーと共有となることが多いですが、その際は他の方が使用する時間を避けてください。

日光浴

お家に庭がある場合は、敷地内でしたら外に出ることは可能です。

隔離期間中の授業

隔離期間中も語学学校でオンライン授業を実施している場合は、受講が可能です。

弊社のオリエンテーション

カナダ到着後の翌日に、通話にてオリエンテーションを行います。

その際に隔離期間中の注意点、また生活について詳しく説明いたします。

 

隔離後、翌月曜日から学校に通学することができます。

通学の頻度は学校によりますが、週2~3回の学校から、週5回すべて通学できる学校もあります。

また、隔離後は弊社のオフィスに来ていただき、対面でのカウンセリングも行います。

その際に学校についての説明や、銀行の口座開設のサポートも行います。

コロナ禍のカナダ入国体験談

ここからは、実際に日本から無事カナダに渡航した会員さまの入国体験談をまとめています。

  • 渡航前の準備
  • 日本出国時の様子
  • カナダ到着後の入国審査の様子
  • 14日間自己隔離期間中の様子

について詳しく紹介していただいておりますので、ぜひご参考にしてください。

1人目 4月27日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した1人目の渡航者です。

シアトル経由でバンクーバーに到着しましたが、事前に大使館などのサイトをくまなく読むなど準備をしっかりと行い、入国審査は円滑に進みました。

一度は白紙になりかけた留学計画でしたが、無事入国できたことでカナダでの生活を満喫しているとのことです。

5人目 7月2日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した5人目の渡航者です。

事前にビザ関係書類のコピーなどしっかりと準備し、スムーズに出国・入国ができました。

隔離期間を過ごしたホームステイ先のホストファミリーが親切で、生活面で困ることはなかったとのことです。

6人目 7月2日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した6人目の渡航者です。

カナダの入国審査に必要な書類やアプリを事前に準備することで、問題なく入国できました。

ホームステイ先ではさっそくオンライン授業をスタートしたとのことです。

10人目 7月16日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した10人目の渡航者です。

入国審査で質問されそうな内容を事前に想定し、当日はしっかりとオフィサーの質問に答えられました。

隔離期間中を過ごしたホームステイ先では、他人と接触しなければベランダに出たり問題なく過ごせたとのことです。

11人目 7月16日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した11人目の渡航者です。

語学学校からのレターやホストファミリーの情報などすべて一つにまとめて、とてもスムーズに入国審査を終えることができました。

はじめはホームステイ先での隔離期間は大変でしたが、すぐに慣れたそうです。

12人目 7月23日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した12人目の渡航者です。

日本でのチェックインとカナダ入国後に必要な書類はすべて用意していたので、とてもスムーズに入国できました。

隔離期間を過ごしたホームステイ先では食事や専用の寝室が用意されたので、不自由なく過ごせたとのことです。

13人目 7月23日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した13人目の渡航者です。

事前にすべての書類を細かくファイリングし、さらにトラブルも想定して万全の状態で入国に挑んだ結果、カナダ到着後の入国審査は非常に円滑に進みました。

渡航を延期していましたが、無事にカナダでの生活をスタートさせることができました。

15人目 8月6日カナダ到着の体験談

コロナが発生してからカナダに入国した15人目の渡航者です。

入国審査では滞在先や授業に関してたくさんの質問を受けましたが、しっかりと事前準備を行った結果スムーズに入国できました。

ホームステイ先では食事を提供してもらえるので、問題なく過ごすことができているそうです。

おわりに

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、留学・ワーホリ計画を変更せざるを得ない方も多くいらっしゃいました。

それでも、正確な情報を集め、事前準備をしっかりと行うことでカナダに留学することは可能です。

ここでご紹介しました事前準備書類一覧、出国・入国時に必要なもの、現地での隔離方法などしっかりと確認して渡航に向けて備えましょう。

パンデミックによる不安定な状況ではありますが、生徒さまが無事にカナダに渡航できるよう引き続き万全のサポートをご提供して参ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る