カナダの公共交通機関(バス、電車)

公共交通機関(トランスリンク:TransLink)について

バンクーバー周辺は、TransLinkという共同運営団体が3タイプの交通手段を提供しています。
運営団体は同じなので乗り継ぎがよく、同じ乗車券で乗ることができるなどのメリットが多いです。
(自転車やスケボーも持込が可能ですので移動がしやすいです。)

  • バス(ダウンタウン周辺はトロリーバス)
  • シーバス(SkyTrain)(フェリー): ダウンタウンとノースバンクーバーを繋いでいます。
  • スカイトレイン(SkyTrain)(全自動無人運転電車): 3路線あり。
    • Expo Line (エクスポライン)
      • Waterfront駅~Production Way駅
        Millennium Lineのコキットラム、ポートムーディ方面へ乗り換えの方はこちら。
      • Waterfront駅~King George駅
        サレー市方面へは、この便です。
    • Millennium Line (ミレニアムライン)
      • VCC-Clark駅~Lafarge Lake – Douglas駅
        バンクーバーイーストサイドからバーナビー北部をとおり、ポート・ムーディ、コキットラムへつながっています。Expo Lineとは、Commercial-Broadway駅か、Production Way駅、Lougheed Town Centre駅で乗り換え可能です。
      • 別途Evergreen Extension便が、Lougheed Town Center駅~Lafarge Lake-Douglas駅間を走っています。ポート・ムーディ、コキットラム方面へ向かう場合は、Lougheed Town Centre駅で、この便に乗り換えするのがよいです。
    • Canada Line (カナダライン)
      • Waterfront駅~YVR-Airport駅
        空港ターミナルに直結されています。
        空港でチケットを買うと、5ドルの追加料金を取られます。
      • Waterfront駅~Richmond-Brighouse駅
        バンクーバーダウンタウンからリッチモンドの中心街までを結びます。乗換マップ検索はコチラをクリック!

料金システム

料金(運賃)は、交通手段や乗り換え回数ではなく、移動距離(ゾーン)に基づいて設定されています。
購入したゾーン内の移動であればバスでも費用が変わらないので、料金を気にすることなく乗り継ぎが出来ます。(但し時間の制限はあり、改札を通ってから90分)
ゾーンを超えての移動は、追加料金を支払うことでそのまま乗車が可能となります。

ゾーンと料金表

(ダウンタウンを拠点にした場合のゾーンの数え方の例です)

1 Zone (ダウンタウン内の移動、バンクーバー市内の移動)

  • Single Fare(通常乗車券)$2.85
  • Compass Card使用料金 $2.20
  • Day Pass(1日券)$10
  • Monthly Pass(定期券) $93

2 Zone (ダウンタウンから空港、 ダウンタウンからバンクーバー市外(バーナビー、ノースバンクーバー、リッチモンドなど)

  • Single Fare(通常乗車券)$4.10
  • Compass Card使用料金 $3.25
  • Day Pass(1日券)$10
  • Monthly Pass(定期券) $126

3 Zone (ダウンタウンから遠隔市への移動(サレー、デルタ、コキットラムなど)

  • Single Fare(通常乗車券)$5.60
  • Compass Card使用料金 $4.30
  • Day Pass (1日券)$10
  • Monthly Pass (定期券) $173

※Compass Card使用料金とは、Compass Cardにチャージして使用する場合の運賃です。(チャージすることをStored Valueという)
※空港から乗車する場合は、行先に関わらず一律5ドルの特別料金が設けられています。
※チケットは時間制で、最初の乗車から90分以内であれば購入したゾーンの範囲内で何度でも乗り降りができます。

追加料金について

  • 1 Zone → 2 Zone $1.25
  • 1 Zone → 3 Zone $2.75
  • 2 Zone → 3 Zone $1.50※平日6:30pm以降と土・日・祝は全てのゾーンを1 Zone料金で利用可能です。
    ※バスは一律1Zone料金で乗車できます。

購入方法

Single Fare(通常乗車券:紙の乗車券)の購入方法

1回使い切りの乗車券で有効期限は改札を通ってから90分間です。
スカイトレイン、シーバスの各駅に設置している自動券売機(現金orクレッジットカード)で購入可能。

※バス乗車時に現金で購入をした際に発行される乗車券では、スカイトレイン、シーバスの電子カード(CompassCard)用のゲートは通れないので乗換はできません!

電子カード(Compass Card)について

2015年末よりCompass Cardが導入されました。
これは、日本でいうPASMOやSuicaと同じようなもので、定期券や現金チャージができるカードです。
すべてのTranslink交通機関で利用できますし、通常乗車券を購入するよりも割引金額での乗車が可能ですし、同じカードに1ヶ月定期券(パス)とチャージも可能ですので、日本でPASMOやSuicaを使っている方でも導入がしやすいシステムだと思います!

カードの種類

種類は3種類あります。

  • 青色 → Adult Compass Card

定期券やチャージの機能があり、一般的に使われているカードです。

  • オレンジ色 → Concession Card

5歳から13歳、写真付きの身分証明書(学生証)を持っている14歳から18歳、65歳以上の方が利用可能。
その他、公立のカレッジや大学に通う学生には特別運賃にて利用可能です(U-Pass)。

※語学学校や専門学校生は対象となりませんのでご注意ください。
学割適用学校のリストはコチラ!

  • 白色 → Compass Tickets

あまり乗車をしない方の1回限りの使い捨て乗車券と、観光客向けで1日パスを利用する方向けのチケットです。
(青色とオレンジ色とは違いプラスティックではなく紙(チケット)で発行されます。)

※CompassCardを初めて購入する際には6ドルのデポジットがかかります。
こちらも日本と同じくデポジットが必要ですが、不要になれば下記へお持ち頂ければ返金してもらえますのでご安心ください。
– Compass Customer Service Centre (営業時間:平日 7:30am - 5pm)
Stadium–Chinatown Station 前
住所:2212 Station Terminal Vancouver
– West Coast Express Office(営業時間:平日 6:45am - 6pm)
Waterfront Station 駅内2階
住所:295-601 Cordova Street Vancouver

Compass Card購入方法

Compass Card の購入は、各シーバス、スカイトレイン駅にある自動券売機(Compass Card Vending Machine)での購入が便利です。また、この自動券売機はLondon Drugsなどのストア内にも設置されています。(※)

※Compass Card購入可能な店舗
  • London Drugs
  • Safeway
  • Shoppers Drug Mart
  • Save on food
  • 7-Elveven
  • その他主要スーパーマーケット

他の販売店舗はコチラ

Compass Card管理方法

Compass Cardへの入金(Stored Value)、定期券の購入(Monthly Pass)、1日券(Day Pass)の追加はオンラインでの手続きができます。
公式サイト

オンラインで手続きをする場合は、ユーザー登録をして手続きをする方法とゲストとして手続きをする方法があります。
ユーザー登録にはメールアドレスが必要で、一度登録をしてしまえば同じアカウントで複数のカードの管理ができます。(自動チャージや盗難・紛失時に新しいカードに残高を移行するなどの手続き)
また、オンラインの場合は日本のクレジットカードは利用不可ですが、自動券売機では利用可能です。(2016/1現在)

カードへの入金方法(Stored Value)

各シーバス、スカイトレイン駅にある自動券売機でのチャージ、またはTranslinkのオンラインサービス、電話サービスで追加チャージが可能です。

  • 定期券(マンスリーパス)

定期の有効期限は毎月一律で1日〜末日となっており、定期券の購入のタイミングは、前月16日(券売機は20日)〜当月15日までとなりますので購入には注意が必要です。
(日本とは違い買った日から一ヶ月ではないので注意が必要)

※オンラインでクレッジとカート登録をしておくと毎月自動的に追加されるように登録できます。

上記、定期券と併せてカードにチャージをしておくことも可能です。
そうすることで、定期券で購入しているゾーン外で下りた時に自動的に追加運賃が引き落とされるのでとっても便利です。(これも日本と同じだと思います!)

  • 1日券(デイパス)

バス、SkyTrain、SeaBusにゾーン関係なく1日乗り放題のカード
お持ちのCompassCardに発券機かオンラインで「DayPass」を追加する方法と各駅の自動券売機で1回使い切りのDayPassチケットを購入するかの方法があります。

 

乗車方法

日本と同じく改札を通る際にカードリーダー部分にCompass Cardをタップします。
紙のチケットを利用している時は、開いたゲートからそのまま通過可能ですが、乗車の際に係員がチェックしなくても、車内にて抜き打ちチェックがあるので、その時にチケットを持っていないと高額の罰金を支払うことになりますので乗車前にはしっかりとチケットを購入をしてください。
(※21分以内に同じ駅のゲートから出た場合は未チャージとなります)

バスに乗る場合、前ドアから入るところでCompass Cardをタップしますが、降車時にCompass Cardをタップする必要がありません。
Compass Cardではなく、1回使い切りの通常乗車券を購入したい場合は、現金(お釣りは出ない。コインのみ、札不可。)をバスドライバー横の機械にお金を入れると、そこから90分間利用可能な通常乗車券を受け取ります。

バスの降車方法は、目的地に近づいてきたら、車内に張り巡らされたロープを引く、もしくは「止まれボタン」を押して降りるサインを出します。
降車ドアが自動で開かないため、ドアのバーを押したり、ドアのフレームにタッチしたりすることで開きます。(反応までに少し時間が掛かりますので、焦らなでください)

時刻表の入手について

交通機関の時刻表は、車内、インフォメーションセンター、図書館などで配布されています。また、Translinkのウェブサイトにある、Trip プランナーという経路検索 も活用できるます。

バスに関しては、携帯電話のでテキストメッセージ(SMS)を使い、指定するバス停の時刻表を取得する事ができます。
利用方法は、バス停の看板に黄色の文字で記載されている5ケタの番号をメッセージ画面に入力をし、宛先に33333(3を5個)と入力をして送信しるとすぐに時刻表が返信されます。

おすすめスマートフォンアプリ

  • Google Maps
    ルート検索で、電車のマークをクリックすると、最新と時刻表とその時の交通状況に合わせてルート並びに時間を表示してくれます。出発予定時間、目標到着時間も設定しながら検索できるので便利です。
    iOS / 
    アンドロイド
  • Radar
    バス番号、バス停番号を入力すると、それに関わるバスの現在位置をリアルタイムで教えてくれます。ルート検索はできませんが、乗りたいバスがどこら辺にいるのか、どのくらいに来るのか、地図上で視覚的に判断できるアプリです。残念ながら、iPhoneのみの対応です。
    iOSのみ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る