カナダ高校留学について

high school

若いうちに海外で生活することは、その後の人生に大きな影響を与える貴重な体験になります。

留学を思い立つきっかけは様々で、自分で「カナダに留学したい!」と思うことも、親が子どもに「若い時から世界を知って欲しい」とカナダ留学を望むこともあります。

しかし、いざ留学しようと考えると、何から始めていいのか分からなくなってしまうのではないでしょうか。

お任せください!カナダの高校の制度、必要な予算、卒業後の進路などについて、専門家が分かりやすく解説します。

カナダの高校制度

カナダの教育制度を理解するために、覚えておかなければいけないことがあります。

それは、カナダでは州ごとに教育制度が大きく違うということです(教育に限らず、カナダは州ごとの独立性が高いです)。

高校卒業の年齢も州ごとに違いますし、小学校、中学校、高校の分け方(何歳から中学校か?など)も違います。

「卒業の年齢が違う」……とか、日本だと全国共通なのでびっくりですよね。

各州はさらに学区に分けられていて、学区ごとに独自の教育プログラムが行われています。

また、学区の管理する公立学校とは別に、私立高校もありますし……。そんなわけで、カナダの高校の仕組みを全て理解するのはとても大変です。

実はカナダ人でも、自分に関係のない学校の仕組みはあまり理解していません(笑)。

カナダでオススメの高校留学

そこで、カナダ留学コンパスおすすめの学区、学校について、詳しく説明します。

高校留学は「公立学校」がオススメ

高校には日本と同じく「公立高校」と「私立高校」があります。

私立高校は公立高校以上に、それぞれに特色のある教育を行っていて、宗教校であったり、小規模の受験対策校であったり、教育内容は様々です。

私立高校の場合、留学生の受け入れについても学校次第です。

留学生をほとんど受け入れていないか、留学生が多くてカナダ人が少ないかの両極端に分かれる傾向があります。

カナダ留学コンパスでカウンセリングを進める中で、留学生の多い私立高校をお勧めするケースもありますが、基本的には公立高校が一番目の選択肢です。

カナダの学校の分け方

カナダの公立学校の制度(学校の分け方)はこのようになっています。

上でも書いたように、カナダの学校の制度は様々なので、ここではカナダ留学コンパスがおすすめする学区の学校制度を説明しますね。

カナダの教育制度
年齢 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳 11歳 12歳 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳
学年 K 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
学校 エレメンタリー・スクール セカンダリー・スクール
学校 エレメンタリー・スクール ミドル・スクール ハイ・スクール

「学校」の欄が2段あって、わけが分からないですよね。そうなんです、カナダ留学コンパスでおすすめする学区の中にも、2つの学校制度があるということなんです。

 エレメンタリー・スクール

カナダの「エレメンタリー・スクール(小学校)」は5歳の「K(キンダー)」という学年から始まります。

キンダーは日本の幼稚園に当たりますが、エレメンタリー・スクールに含まれているため、「小学校ゼロ年生」という感じですね!

 セカンダリー・スクール

そして、「セカンダリー・スクール」ですが、これは日本の中学校と高校が合わさったような学校です。

日本の高校1年生に当たる「10年生」から「12年生」の成績が高校卒業の判断基準にされます。

セカンダリー・スクールは、厳密には日本の中学校、高校にまたがる学校ですが、このホームページでは、「高校」と呼びますね。

以下で説明するハイ・スクールと紛らわしくて、本当に分かりにくくてすみません。

でも、再度言いますが、カナダ人でも自分や家族に関係のない学校の仕組みは理解していません。

留学先の学区が決まったら、その学区の制度だけをしっかり理解して、他の学区のことは無視して大丈夫です。

 ミドル・スクール

カナダ留学コンパスでお勧めする学区の中では、「コキットラム学区」で採用されているのが、ミドルスクールです。日本の中学校と同じような位置づけの学校です。

 ハイ・スクール

コキットラム学区で採用されているハイスクールは、通学期間が4年間で日本の高校よりも長いですが、日本の高校に近いです。

学期の仕組みが学校によって違う

また、カナダの高校では、学期の制度、単位の取り方が学区、学校によって違います

日本のように1年かけて一つの科目を履修して単位を取る「通年制」の学校と、1年を2つの学期に分けて、学期ごとに単位を取る「セメスター制」の学校に分かれています。

セメスター制の方が、1年間に多くの科目を修了できるのですが、留学生は1年かけてじっくりと学ぶ通年制の学校をすすめられることが多いです。

滞在はホームステイ

そして、もう1つ気になるのが、留学中の滞在先でしょうか。

高校留学の滞在先はホームステイになることがほとんどですが、学区がホームステイを手配してくれるかどうかは、学区によって異なります。

学区がホームステイを直接手配してくれる場合、留学生が学校にいる間も家にいる間も、生活の全てに学区が関わってくれるので、安心感があります。

いっぽう、学区が滞在先を手配しない場合は、民間のホームステイ業者を紹介されることが多いです。一般的には、学区が手配するホームステイより、民間業者のホームステイの方が滞在費が安いと言えます。

 高校入学の難易度

さて、やはり気になるのはカナダの高校の入試の難易度です。カナダの高校に入学するのはやっぱり難しいのでしょうか?

ご安心ください! カナダの公立高校に入学するのは難しくありません

というのも、セカンダリー・スクールは日本の中学校と高校を合わせた学校で、地元のカナダ人の生徒は、自分の住所に応じた学校に、無試験で入学できるのです。

日本から留学する場合は、過去2年間の通知表の写しを提出して、留学先の学区の審査を受けます

成績は、学年トップクラスである必要はなく、普通の成績であれば大丈夫です。

ちなみに、成績よりも欠席日数などの生活面の記録の方が重視されます。

高校留学の手続き

カナダの高校留学の手続きには、難しい書類は必要ありません

日本の高校に入学する際に求められるような書類を提出するだけです。

ただ、提出する書類はすべて英語でなければいけないので、書類の翻訳には手間とお金が掛かります。

未成年がカナダに単身で滞在するには「後見人」が必要

ちょっと面倒くさいのが、未成年がカナダに単身で滞在するために必要な「後見人(カストディアン)」の手続きです。

後見人を学区が選任してくれるかどうかも、学区次第です。後見人の選任をしない学区の場合、民間業者を紹介されます。

後見人が決まったら、後見人の選任の書類に後見人と留学する高校生の保護者が署名して、日本とカナダでそれぞれ公証を受けます。

正直なところ、公証手続きは普段やり慣れないので大変です。

カナダ留学コンパスで1つ1つの手続きをご案内しますので、ぜひともご相談ください。

ちゃんと高校を卒業できるの?

アメリカやカナダの大学は入学するのが簡単で卒業するのが難しいとよく聞きますが、カナダの高校の卒業は難しいのでしょうか?

答えは「Yes」。はい、難しいです。

日本からの留学生がカナダの高校を卒業する時に一番の難関となるのが、やはり英語です。

例えば、日本で高校2年生の1学期が終わったタイミングで留学すると、カナダでは12年生(日本の高校3年生に相当)に入ることになるのですが、留学直後から「English12」という、12年生の英語の科目を取れる可能性はかなり低いです。

English12を取らなくても、高校を卒業することは可能なのですが、カレッジ、大学に進学することはできません。

そこで、カナダ留学コンパスでは、年齢で決まった学年よりもひとつ下の学年に入ることをおすすめしています。

17歳(日本の高校2年生)がカナダの16歳の学年(11年生、高校2年生に相当)に入るということです。

1年下の学年に入るというとネガティブに聞こえますが、もともと、カナダの学校は9月始まりで、翌年4月に始まる日本よりも、7か月早く始まっているんです。

日本の高校2年生の9月からカナダの高校に入学して2年勉強すると、翌々年の6月末に高校を卒業となり、これは日本で同じ年の3月に高校を卒業するのと3か月しか変わりません。

どうです、1学年下に入ると言っても、日本と3か月しか卒業が変わらないんだったら、そんなに気にならないでしょう?

カナダの高校の卒業が難しいと書きましたが、きちんと計画を立てれば、十分卒業は可能です。カナダで高校を卒業することを目指すなら、2年以上の長期計画で臨みましょう。

1年間の留学なら、高校1年生、2年生の留学がおすすめ

逆に、1年の留学とあらかじめ決まっているのなら、高校1年、高校2年の時に留学して、帰国してから日本の高校を卒業できるようにしましょう。

この場合、留学前の日本の高校とよく相談をして、留学後に復学ができるのか、復学後の学年が何年生になるのか、カナダで履修した単位を編入できるのかなどについて、確認しておきましょう。

高校卒業後の進路は?

高校留学をしたまではいいのですが、その後ってどうなるか気になりますよね?

高校卒業後は、カレッジ、大学への進学が可能です。

その際に必要となるのが、「English12」という、12年生(日本の高校3年生に相当)の英語の単位を取っていることです。

「English12」を取らないで高校を卒業することも可能で、その場合は、IELTS等の公式英語テストでスコアを取ってカレッジ、大学に入学します。

大学に進学する場合、1年生から大学に入学することも可能ですが、カレッジの大学編入プログラムを1年から2年間受けてから大学に入学するのがおすすめです。

高校から、カレッジ、大学までのプランは、ぜひともカナダ留学コンパスにご相談ください。

カナダ留学コンパスがおすすめする学区

ここからは、カナダ留学コンパスがおすすめする学区をご紹介します。すべてブリティッシュコロンビア州バンクーバー大都市圏の都市で、それぞれに特徴があります。

リッチモンド学区

バンクーバー市の南に位置し、バンクーバー国際空港のある多様性に富んだ都市です。ホームステイ、後見人を学区が直接手配できます。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

サレー学区

サレー市は、人口50万人の大都市で、近年人口が急増していて、バンクーバーの人口を抜くと言われています。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

コキットラム学区

コキットラム学区はセカンダリースクール制ではなく、ミドルスクール、ハイスクールに分かれている所が他の学区と大きく違います。

また、学区で後見人の手配はできますが、ホームステイは自分で手配する必要があります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

バーナビー学区

バーナビー市はバンクーバーの西側に隣接していて、市内にはSFU、BCITというブリティッシュコロンビアを代表する大学、カレッジのメインキャンパスがあります。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

高校生からカナダに留学することで、その後の人生の選択肢は無限に広がります

進学先も、就職先も、結婚相手も全てがガラッと変わってしまうかも知れません。

留学してからの10年後は、日本にずっととどまっていた場合とは全然違ったものになるはずです。

留学から帰って、「日本サイコー!」と日本にどっぷりと浸かる人もいますが、その場合でも、日本の良さを再発見するきっかけとしてして、留学に意味はありますよ♪

何から決めていいか分からないと思いますが、「カナダに留学したい」と思ったら、その気持ちを大切にして、まずは気軽にご相談ください。

high school

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る