もう悩まない!カナダ留学の保険はこれで決まり!

ハイブリッド保険

留学でカナダに長期滞在する際に必要な医療保険の相談をたくさん受けます。

「どれくらい保険を掛けていたら安心でしょうか?」と質問されるのですが、保険は「転ばぬ先の杖」なので、たくさん保険を掛けておけば安心です。

でも、保険を手厚くかければかけるほど保険料が高くなるので、カナダ滞在中一度も医師にかからなかったような場合、結果的に保険料が無駄になってしまいます。

今までは、損害保険部分にも保障が手厚い分保険料の高い日本の保険と、医療部分以外の保障が薄い代わりに保険料が安いカナダの保険を両方ご紹介して、選んでいただくというご案内をしていましたが、

今回、AIG損害保険さんがカナダ留学コンパスで留学、ワーホリをされる方を対象に、特別プランを組んでくれました!

このプランと、カナダの留学生保険「ガードミー」を組み合わせると、カナダ滞在中の医療保険と海外旅行保険の両方がカバーされ、とても安心です。

ではさっそく、ガードミーとAIG損害保険のカナダ留学コンパス特別プランについて、専門家が徹底的に解説します。

究極の保険!「日本とカナダの保険を組合わせたハイブリッドプラン」

ひと口にカナダ留学、ワーホリ中の保険と言っても、その保障する分野はいくつかに分かれます。

具体的には、病気や怪我で病院に行った時の治療費が保証される、「医療保険」部分と、留学中に死亡したり重度障害を負ってしまった時に保険金が支払われる「生命保険」部分と、他人に損害をあたえてしまったり自分の所持品が壊れたり盗まれたりした時に保障が受けられる「損害保険(海外旅行保険)」部分に分かれます。

留学中の保険の分類

  • 医療保険
  • 生命保険
  • 損害保険(海外旅行保険)

3つに分けたうち、医療保険については、カナダの医療費が高額なため、絶対に加入しておきましょう。

医療保険は、カナダの留学生保険「ガードミー」がおすすめです。

1日あたり$2という、明瞭で格安な保険料で、200万カナダドルまでの医療費を保障します。

医療費無制限ではありませんが、200万カナダドルの保障があれば、長期の治療が必要な病気、怪我をした場合でも、保険料の上限に達する前に日本に帰国して治療を継続するなどの策を講じることができます。

残りの2つ、生命保険と損害保険については、どの程度安心を求めるかに応じて、保険に加入するか、加入するならどの程度の保険に入るかを決めるのですが、当たり前ですが、保障が厚くなるほど、保険料も高くなります。

今までは、「保険料が安くて生命保険と損害保険を含まないカナダの留学生保険」と「医療保険、生命保険、損害保険の全てをカバーするけれど保険料が高い日本の海外旅行保険」のどちらかを選んでいましたが、

末永

カナダの留学生保険と日本の海外旅行保険のいいとこ取りをした「ハイブリッドプラン」をご案内できるようになりました!

今回、AIG損害保険さんがカナダ留学コンパスで留学する方向けに用意してくれたのは、生命保険、損害保険の部分だけに特化したプランです。

何度も言うように、カナダ留学中、医療保険は絶対に必要ですので、医療保険部分はガードミーにご加入ください。

そして、ガードミーの保障が薄い生命保険、損害保険部分の保障を、このカナダ留学コンパス向け保険に加入することでカバーします。

ハイブリッドプランと他の保険との比較

では、このカナダ留学コンパス向け保険とガードミーを組み合わせた時の保障内容、保険料はどうなるでしょうか?

同じくAIG損害保険の、治療費無制限タイプの保険と比較して表にまとめてみました。

ガードミーの保障額、保険料は1カナダドル=85円で換算しています。

AIG損害保険さんがカナダ留学コンパス向けに作ってくれた保険は、歯科つきと歯科なしの2種類のプランを用意してもらいました。

カナダで加入する医療保険は、ガードミーを含め歯科が補償の対象外となるケースがほとんどなので、歯科が対象となるのは嬉しいですね。

歯科つきのプランでも補償は10万円までなので、長期に渡る大きな治療には対応できませんが、「留学中に急に歯が痛くなった」ときや、「昔治療した歯の詰め物がとれてしまった」といった時の応急的な治療には対応できます。

1年間の保険料は、歯科つきのプランが51,760円、歯科なしのプランが36,390円です。

 

契約タイプ 医療費
無制限プラン
ガードミー
+歯科つき
ガードミー
+歯科なし
傷害死亡 3,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
事故死あるいは手足の切断 3,000万円 1,425万円
治療・救援費用 無制限 1億7,000万円
個人賠償責任 1億円
生活用動産補償 30万円 50万円
歯科治療費用 補償なし 10万円 補償なし
航空機遅延費用 2万円
航空機預託手荷物遅延 10万円
保険料(1年間) 262,100円 113,810円

(コンパス保険51,760円

ガードミー62,050円)

98,440円

(コンパス保険36,390円

ガードミー62,050円)

 ガードミーの死亡時の保障は、事故死あるいは手足の切断の場合$50,000(425万円)保障されます。

歯科なしのプランとガードミーを組み合わせた場合の保険料は、年額98,440円です。

10万円を切る保険料で、医療保険、生命保険、損害保険の全ての部分がカバーされます。

歯科つきのプランとガードミーを組み合わせた場合の保険料は113,810円で、まだこれでもまだ日本の海外旅行保険の医療費無制限プラン262,100円の半額以下です。

日本語でのアシスタンスサービスとキャッシュレス受診があるかないかが、日本の海外旅行保険とカナダ留学コンパスが提案するハイブリッドプランとの差です。

英語で医者にかかることも勉強のうちだと前向きに考えることが出来るのであれば、断然ハイブリッドプランをおすすめします。

ガードミーについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ガードミーのお申込みは、こちらのお申込みフォームからどうぞ。

ガードミーを契約した後に、ガードミーが使える病院の探し方、保険金請求の方法については、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

ガードミーと、カナダ留学コンパス向け保険を組み合わせたハイブリッドプランが、カナダ留学中の保険の決定版です。

もう迷う必要はありません。

また、このハイブリッドプラント比較して、日本の医療費無制限の保険を選ぶなら、それだけ差額分のサービスに価値を感じているということなので、それはそれで迷う必要はありません。

ガードミーだけでも、ハイブリッドプランでも、医療費無制限のプランでも、全てカナダ留学コンパスでお申し込みいただけます。

留学手続きを弊社にて行っていないお客様でもお手続き可能です。
ガードミーのお申し込みは、こちらのお申し込みフォームからどうぞ

AIG損害保険のプランをお申し込みの場合は、こちらからお問い合わせください。
ハイブリッド保険

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る