カナダ学校の選び方

カナダ留学を希望なさる皆さんに頻繁に聞かれる学校の選び方についての質問をまとめました。

まずは大前提

誰にでも満足される学校は存在しません。

万人受け、どのような人にでも一番の学校はカナダに限らず、おそらくどこの国にもないと思います。
それは、学校の風土、教育方針、カリキュラム、 国籍比率、学校の規模、過去数年間の評判など、すべての学校でまったく異なるからです。

たとえばすごくまじめでアウトドアのスポーツが苦手、高校生のときの休憩時間は図書館で本を読んでいたタイプの方と、ものすごく積極的でアクティブ、高校生のときも毎日大忙しで活動的だったタイプの方が、まったく同じ学校に適正があるとは私は思いません。
おのおののタイプの方により、それぞれおススメの学校は異なってしかるべきです。

日本の大学でも、早稲田と慶応、上智では、その大学の名前でイメージする学生像があると思います。
カナダの学校にも実は、アカデミックな学校だとここ、スピーキングはここ、などの特徴があるのです。

もちろん中には、どんな人にでもある程度満足させてもらえる学校もございます。
ただ、結果的にその学校をおススメすることになっても、それまでのカウンセリングの過程で、具体的にお客様のご要望を深い部分までヒアリングしないと、最終的に満足の行く結果を出せない可能性は高いでしょう。

たとえば、ランチを食べに行くとして、どんなメニューも満遍なくあるファミリーレストランに行くか、手打ちそばを作って50年の老舗、手打ちそば専門店に行くかの違いくらいあると思います。

とりあえずランチを食べに行くが、特に何が食べたいのか決まっていないためファミリーレストランに行き、メニューをみてざるそばを注文して食べることと、はじめからざるそばを食べることを決めて、手打ちそば専門店に行って食べるのとでは、結果的に同じお金を使った場合でも、満足度に大きな差がでることでしょう。

学校選びも同じと私は考えます。

とりあえず留学に行きたくて、目的もあいまいなまま学校を探し、どんな教科も選択できる大規模な学校に通い、英語力に応じて現地でその後のプランを考え、ビジネス英語コースを履修するのか、もしくは留学の前にしっかり自分自身の本質的な希望をきちんと把握した上で、計画立ててプランをつくり、自分自身の現在の英語力を元に初めは自分と相性の会う語学学校で英語力を養った後、ビジネス英語コース専門の学校に転校するのか。

結果的に通うビジネス英語のコースは同じだとしても、両者の間には大きな違いがあると私は考えます。

だから、学校A,B,Cなどのように、コースや期間も決められている中から選ぶ形の学校選びではなく、カウンセリングを通じてご自身でも気づいていないような希望を聞きだしたうえで一緒に考えてゆくスタイルのほうが満足度が高い学校を見つけることが出来るのです。

もう一度レストランの例に戻ると、メニューを見て、値段、何キロカロリーか、何グラムかなど事細かに確認、比較して今日食べるメニューを決める人もいると思いますが、専門店でシェフや板前さんのおすすめをもらう方が実は一番おいしかったりしませんか?

学校選びも同じと私は考えます。

ウェブ上の情報だと、学校のデータはすぐに入手でできます。弊社サイトでも、学校の事細かなデータ、全校生徒数、一クラス当たりの生徒数、日本人率、国籍比率、などなど、が掲載されています。
でも、これらを全て並べて定量的なデータのみで比較検討して一番条件が良い学校を選ぶ、ことが正解とは言えないことが多いです。

これから学校を探す方は、目先の選択肢に惑わされることなくきちんと相談できる専門家からアドバイスをもらいつつ、ご自身の本当の留学の動機は何か、について深く吟味なさることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る