【保存版】カナダでお部屋探し

カナダではいろいろな滞在形態があり、それぞれ自分の生活スタイルに併せて選ばれています。

その中でもここでは、ルームシェアなどをするお部屋探しの時に必要な情報をまとめました。

カナダでお部屋探しするときの心構え

いよいよ自分で部屋探しをするという段階で、しっかり肝に銘じておきたいことが事があります。

それは、ここは日本ではないということ。

そして自分の生活を作る為には、自分自身でしっかりと危機管理意識を持って頂きたいということです。

どんなに安全だと言われるバンクーバーでも、言語が英語となるとうまく意思疎通ができない場合もまだまだたくさんあります。

そこに付け込んで日本人の留学生が犯罪に巻き込まれることも現実に起こっています。

シェアハウスやシェアルームというのは、ホームステイより自由でもありますが、まずはしっかりと自分で考えること、そして不安なことやおかしいなと思うようなことはすぐに相談すること、この点を常に意識してカナダでの生活が有意義なものになるように皆さん自身で作り上げていってください。

また、日本のように不動屋さんを頼ることはあまりなく、学生、ワーキングホリデーの方々のほとんどが、自分自身で直接借り主にコンタクトをとって、直接出向き、決めています。

第三者を頼ることなく、自分で行動して、決断すると言うことが、非常に重要になってきます。

カナダで家探しする方法

1人で賃貸の部屋を借りようと思うと、1ヶ月$1,000以上のrent(家賃)や、家具の購入、電気やインターネットなどの契約も必要になり、また、半年以上の滞在が必須条件となります。

留学生、ワーキングホリデーの方々には不向きです。

ここでは、一般的なシェア物件についてのご案内をします。カナダのシェア物件は、ウェブサイトから探すのが一般的です。

主なサイト

もしくは、コミュニティーセンター、学校の掲示板等に、まれにシェアメイトを募集中とかの張り紙が掲示されていることがあります。

そこの連絡先へ直接コンタクトをとって、シェアの有無の確認、アポイントを取って、直接向かう方法もあります。
また、知人の紹介が一番安全ですので、家を探しているということを周りに常に公言しましょう。

もしかするとその友人の周りで引っ越しする予定がある、もうすぐ帰国する、という人がいるかもしれません。

バンクーバーの家賃相場

バンクーバーはエリアにより家賃相場が異なります。

  • ダウンタウン内: $700〜
  • 1ゾーンエリア: $550〜
  • 2ゾーンエリア: $500〜

※駅から近いかや、部屋のタイプ、光熱費が含まれるかにより異なります。また、ベースメントのシェアの場合だったり、公共機関が不便な場所だったり、もっと複数の人とシェアされてたりすると、上記より安いところもあります。逆に高級住宅エリアとかになりますと、もっと高くなります。

*注意*

相場よりも極端に安すぎたり、条件が良すぎる場合は、必ず何か裏はあると考えて慎重に行動するようにしてください。1ルームを強引に2部屋にしていたり、訳あり物件だったり。

英語で使われる用語の説明

Rent

1ヶ月の家賃

Deposit

敷金
入居時に一般的に家賃の半分を敷金として預けておきます。退去の際に、部屋の破損や汚れなどがなければ、全額返金されます。

Hydro

電気代

Utility

インターネットや洗濯機などの使用料について指します。

Take over

家具引継ぎ代金のこと。Take overありの部屋だと、契約時に主に家具を購入する必要があり、自分が退出時に同じように引き継いでくれる人を探さなければなりません。
※オーナーによって上記の内訳が異なる場合がありますので、都度要確認です。

Studio / Bachelor

ベッドスペース、リビングスペース、ダイニングスペースの間に仕切りがなく、一部屋に収まっていること。日本で言う、ワンルームに近いです。

Co-Tenant

オーナーと賃貸契約をかわしている人間が、家族以外の人と、シェアメイトもしくはルームメイトとして一緒に住むことをさします。多くの留学生、ワーキングホリデーの方々がアパートメントやベースメントに、シェアで住む場合は、その住人とCo-tenantとして、その住人と間借り契約して住み始めます。 一般の口語会話で出てきませんが、法律用語として出てきますので、覚えておくと損はないでしょう。

Tenant in Common

同じ部屋に、家族ではない住人が複数おり、それぞれがその部屋を不動産所有しているオーナーと直接契約をしていることを指します。コンドミニアムの一室に間借りしておりその部屋にオーナーの家族以外のシェアメイトがいる場合、もしくは家全体が、オーナーによって、複数の学生に貸し出して、それぞれ契約されている場合がこれに当たります。 一般の口語会話で出てきませんが、法律用語として出てきますので、覚えておくと損はないでしょう。

1Bedroom /1BR

寝室が1つ独立している。リビングとダイニングの間に仕切りがないことが多い。基本的に住人は大人2人までとなっている。

2Bedroom /2BR

寝室が2つ独立している。住人は、3人から4人。大きさや、その部屋のオーナーとの方針によりますが、住人が大人5人以上は多すぎ。

Apartment

アパートメント。日本のアパートのように、賃貸されている部屋を10〜100個と沢山部屋を持っている建物。
部屋種類は、Studio、1BR、2BR。建物の玄関は、基本的に一カ所にて共有されています。
ランドリー(洗濯機、乾燥機)その建物内のどこかに、建物内の住人と共有として置かれています。その使用料は有料です。
シェアとして住む場合のほとんどが、ビルのオーナー(もしくは管理人)と賃貸契約している**その部屋の住人**と、Co-tenantとして契約を結ぶことになります。

Condominium / Condo

コンド。日本で言うマンションに近い建物です。
Studio、1BR、2BR、3BR、タウンハウスと様々な部屋が総数10〜100くらい建物の中にあります。
Apartmentと同じように、建物の玄関が一カ所と共有されており、Consierge(管理人)が常駐しています。
上記のアパートと建物が似ていますが、それぞれの部屋が不動産所有契約されていて、オーナーがそれぞれいます。
そのオーナーの中には、所有している部屋の空いているところを学生さんに貸し出している人がおります。
留学生やワーキングホリデーの方々がシェアでそこを借りる時は、このオーナーと契約することになります。
アパートと比べて、設備もメンテナンスも高品質で清潔だったりより充実していたりするのが特長です。

House

一軒家。その建物自体が独立して、その敷地内に存在しております。ホームステーのホストハウスの多くが、この家の一部が提供されています。シェアも、この部屋を間借りするようになります。基本的に建物と敷地のオーナーと契約することになります。

Townhouse

タウンハウス。一つの敷地内に、一つの建物に複数の世帯が独立して住めるようになっている物件をさします。屋外へ繋がる玄関が専用にあり、中は複数のフロアがあり、2階建て、3階建てで、ほとんどが3BR以上の規模です。それぞれ不動産所有契約されており、オーナーがいます。(たまにアパートメント形式のもあります。) 留学やワーキングホリデーの方々は、空いている部屋をシェアしてもらう、オーナーと直接間借り契約をします。 ほとんどが、郊外にあるため、ダウンタウンまでいくのに、バスで通うのが必須となります。

Basement

ベースメント、地下の部屋です。上記の一軒家で地下部分を独立させて、オーナーが他の人に貸し出していることがあります。この場合、Studio、1BR、2BRもしくは3BRに改造されて、専用の玄関、バス、トイレ、ランドリー、キッチンを持っています。留学生、ワーキングホリデーの方々でシェアとして住み着く場合は、そこのオーナーと賃貸契約している住民とCo-tenant契約することになります。 ちなみに、リッチモンドには、建築規制でベースメント自体が存在しませんが、似たような形態で、一階と二階を独立した世帯が住めるように改造して、どちらかを他の人に貸し出していることがあります。

Master Bedroom

マスターベッドルーム。2BR以上の場合、クイーンやキングサイズのベットが入る程、一番広い寝室。一般的にカップルや友達同士で入ったり、専用のバスとトイレがついていることが多い。

Second Bedroom

セカンドベッドルーム。通常の寝室。留学やワーキングホリデーの方々に貸し出している場合、シングルサイズのベッドが置いてある。

Den

書斎などを指す言葉。一軒家でなければ、サイズは人が1人横になって寝られるかどうかくらいの小さな部屋です。この部屋も入居可能なスペースとして、募集されていることが多いです。

Laundry

ランドリー。洗濯機、乾燥機が設置されている部屋です。シェアで住み着くことになると、他の住人と共有です。 アパートメントだとしますと、その建物内のどこかに専用部屋が有り、その建物内のすべての住人と共有となっており、ほとんどが有料です。 コンド、タウンハウスになると、それぞれ物件の部屋に設置されている事がほとんどです。古いコンドになりますと、アパートメントと同じように建物内のどこかの専用部屋で他の住人と共有となっている事もたまにあります。

Living Share

リビングシェア。 主にリビングの一角をカーテンなどで仕切ったりして居住する場合が多いです。基本的にそのリビングには1人が住み込みます。 もし、そのリビングに大人が2人以上で住むこむ環境となっている場合は、その建物の方針違反に抵触している可能性が高いですので要注意。

実際の部屋探しの流れ

ネットである程度希望に合いそうな部屋を見つけたら、まずはメールや電話で募集主と連絡を取ります。気になる情報をあらかじめ聞いた上で、良ければアポイントを取って実際の部屋を見に行きましょう。 あらかじめ確認しておくと良い情報としては、以下のようなものがあります。

  • 入居時期について(だいたい月の初日か15日入居が多いですが、交渉できる場合もあり)
  • 同居人について(何人いるかや国籍など)
  • 最寄駅からの交通情報

アポイントが取れたら、部屋を見に行きますが、男女関係なくできるだけ友達などにお願いして一緒に見に行くようにしましょう。 また、良い部屋というのは競争率が高いのは確かですが、そういった言葉にせかされてよく契約内容を確認しないうちに契約するということがないよう気を付けましょう。 最初の部屋探しの場合、焦らずにすぐに決めずに、いくつもの部屋をみたり、友人らの助言を聞いたりして、よく判断して下さい。

実際の契約時の注意点

契約をするにあたっては以下の点に必ず注意して下さい。

  1. メール上でのやりとりだけで、簡単に契約書にサインをしない。必ず出向いて、部屋の主と面談して、部屋の下見を必ず行うこと。
  2. 契約時には、相手側の身分証明ができるもの(パスポートやBCID、名刺)など身元が確認できるものを必ず提示してもらう。
  3. 契約時には両者の合意のサインが入った契約書を作り、両者が保管する。
      【契約書内容】※契約書は手書きでも有効です
      ・誰と誰の間の契約なのか、契約期間
      ・最低契約期間の確認
      ・家賃と内訳。その他コストの詳細
      ・退去希望連絡の時期と方法
      ・破損時やルールを破った際のペナルティ等
  4. 入居段階で破損しているものなどがないか確認。ある場合は最初にオーナーに修理してもらうか、自分が壊したものでないことを証明するために、日付入りで写真などを撮影しておくのも良い。(退去時のデポジット返却にあたりトラブルのもとになります)
  5. 家賃の支払い日と方法の確認。振り込み、オーナーへの直接支払い、ルームメイトでとりまとめて支払い、などオーナーによって様々です。殆どの場合が1ヶ月毎の支払いです。
  6. ルールの確認。シェアハウスにも同居人がいる限り、必ずルールがあります。洗濯機やシャワールームの使用時間や、ホームパーティーの禁止がある家もあるので把握しておきましょう。
  7. 遠方の地にある家主との契約時の注意点 遠方に引っ越す場合など、到着後すぐに家が有って欲しいと思うことは当然だと思います。 ですが、実際に物件を見るまではやはり見学のアポイントメントを取るところまで進めておいて、到着直後はひとまずホームステイやB&Bやホステルなどに滞在し、その間に見学して決めることをお勧めいたします。 ちゃんと部屋を空けておいてあげるから事前に郵送、Paypal等でデポジットや家賃を送ってくれ、という場合は詐欺の可能性があるためお勧めはいたしません。

【参考】

BC州Tenant Info: www.tenants.bc.ca
(サイト内に日本語パンフレット有)
BC州提供契約書:www.rto.gov.bc.ca/documents/rtb-1.pdf

最後に

よくあるトラブルとして、契約してお金も振り込んだ後に逃げられたり、シェアメイトとの衝突など日本でもあるケースではありますが、ここはカナダです。

ほとんどの留学生は、トラブルに巻き込まれてもそのまま泣き寝入りしなければならないということになってしまいます。

また、タイミングや運もありますが、部屋を探すということは簡単ではありません。何度も部屋を見ているけれど、なかなか決められなくてホームステイ退出日になっても、次に住む家がない!なんていうケースもあります。(もし、見つからなくても、少々出費がかかりますが、とりあえずホームステイやB&Bやホステルなどに移り、部屋探しを続行という手もあります。)

また、シェアでも、自分と同じ時期にカナダに滞在する予定の友人がいて、同じように部屋を探していた場合、その友人と一緒にアパートメントの1ベッドルームを借りて、シェアをするという手があります。ただ、2人とも、ビザも、まだ半年以上も残っているが前提となりますし、アパートメント側が、学生・ワーキングホリデービザのみの人間と契約をしないこともあります。契約できたとしても、前述通り、2人で家具等を一からそろえないといけません。

とりあえず、何事もなるべく早めに動き出すことをお勧めします。またあまり条件に拘りすぎないということも必要です。

そうは言っても、これも海外生活を体験する上で本当に貴重な経験の一つです。わからない英語でもひとつひとつ確認しながら、きちんと説明を聞き、意志を伝えれば必ず通じます。わからないことはわからないままにしないで、何度も聞けばいいのです。

カナダの生活を有意義にするためにもまずは頑張って挑戦してみてください。

過去トラブル事例

トラブル事例1

2週間後に退去したいと伝えたら、デポジットは返せないと言われた。

さらに次の入居者を見つけるまでは家賃を払い続けろと言われた。

ひどい大家だと思いませんか?

A:ほとんどの場合、退去の報告は1ヶ月前までにするという契約となっているかと思います。

契約が1ヶ月前までの報告となっていた場合は、残念ながら大家さんには否はありませんのでデポジットは返ってきません。

また、家賃は月単位です。 日割りはできません。 ですので、伝えた日が15日で退去すべき日は一ヶ月後のその翌月の中旬となります。

さらに、家賃は月単位で、1日からはじまっていた場合、15日というところで区切ることができません。

その翌月分はまるまる支払わないといけなくなります。 次の入居者が見つかるまでの家賃の支払いをしてくれというのは少々行き過ぎな要求だとは思いますが、もし本当に契約書にそれが書かれていたら守らないといけません。

家主も家賃で生計を立てていたり、ルームメイトがいないと家主自身の負担が倍になるため、家主にとっては常に誰かが入居している状況が好ましいです。

そのために直前の退去の報告や、次の入居者がいないまま退去されるというのはルール違反に値します。

ですので、お金をセーブしながら、トラブル無しで退去する場合は、必ず一ヶ月前以前に、退去をすると伝えないといけません。

ただし、入居時に契約書を交わしていないと、その時になって新たなルールを家主の方で付け加えられたりしてしまいますので、このようなトラブルを避けるためにもちゃんと入居時の契約書を保管しておきましょう。

トラブル事例2

メールのみのやりとりで入居したところが、クッキング用のストーブは4つのうち常にひとつだけしか使っちゃダメ、シャワーや洗面台、台所使用後は水滴をひとつ残らず拭き取らないとダメ、油物は料理してはダメ、10時以降は物音を立ててはダメ、というとてもルールに厳しいところで正直うんざり!

元々の予定より退去を早めたいと伝えたらデポジットは戻らないと言われちゃいました。

でもどうすることも出来ませんよね。

そんなに自分の家を汚されたくなかったら貸し部屋なんてしなければいいのに・・・。

A:実はそのようにして家賃よりデポジットで稼いでいる家主さんもいるらしいです。

留学生や短期滞在者を狙ったこのような事例に引っかからないようにもちゃんと大家とは顔を合わせ、見学をしてから契約するようにしましょう。

出来れば、既にその家に住んでいる人に話を聞ければいいですね。

トラブル事例3

ベッドルームに6人で住む部屋に、ちゃんと契約を交わして入居しました。

でもどうやら自分が契約を交わした人はそこの部屋を借りてた人で、別に本来のオーナーがいたそうです。

その2ベッドルームには最高3人までしか本来なら入居してはダメだったそうで、オーナーに6人で住んでいることが発覚し、警察まで呼ばれ、危うくその日中に追い出されるところでした。

その日はなんとか自分たちが契約を交わした人がオーナーさんをなだめてくれて、ひと月以内に出て行くという事になりましたが……

こんなことってしょっちゅうあるんですか?

A:しょっちゅうあるわけではないですが、全くないとも言い切れません。

実は自分が契約を交わした人は本当のオーナーではなかった、というのは考えられる事例です。

たとえば、ルームシェアをした場合です。アパートメントの場合、オーナーはそのビルディングのオーナーです。オーナーが管理人がおいている場合があります。その部屋を借りている人が、家賃の負担を軽減のため、シェアメイト(ルームメイト)を募集していることがあります。

通常2ベットルームの場合は、2人のシェアメイトを募集します。 ですが、今回の場合は、本当の部屋を借りているひとが違反をしていたわけです。だからといって、自分たちには否はないとしても、そもそも2ベッドルームに6人で住むという事自体が少し無理がある話ですよね。

1ベッドルームの場合は、基本は借り主を含め大人2-3人までしか住めないとなっているところがほとんどです。

まれに、リビングルームをさらにわけて、4人以上で住んでいるところがある話を聞きます。これは、建物方針、規約違反している可能性が大です。

安いから、といって飛びつくと、今回のような事に巻き込まれる可能性もあります。気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る