イートランスファーで簡単、安心に送金しよう!

etransfer

カナダに学生ビザやワーホリビザで滞在すると、カナダの銀行口座を作ることができます。

銀行口座があると、現金をスーツケースに保管する必要がなくなって安心だし、銀行のキャッシュカードをデビットカードとして使えるのでとても便利です。

そしてさらに、カナダの銀行で口座を作ると、「e-transfer(イートランスファー)」という、Eメールアドレスや携帯電話宛に送金ができる、とても便利なサービスが使えるのです。

Eメールアドレス宛にお金を送るというのは聞きなれなくてちょっと心配ですが、1回使うとすぐ慣れます。

慣れると手放せない、とても便利なサービスですよ!

イートランスファーってなに?

まず始めに、イートランスファーが何かを説明します。

イートランスファーとは、「Interac(インタラック)」という会社がカナダの銀行と提携して行うサービスで、インタラックのホームページでは次のように説明されています。

インタラック イートランスファーはお金を送ったり受け取ったりするとても便利な方法で、あなたは、オンラインバンキングのサービスとEメールアドレス(または携帯電話番号)とカナダの銀行口座があれば、銀行の情報を入力することなくサービスを利用することができます。

インタラックのウェブサイトより引用

イートランスファーは何が便利なの?

イートランスファーはどんな時に使うのでしょうか?

参考に、私が最近イートランスファーで送金したシチュエーションを挙げてみます。

イートランスファーはこんな時に便利!

  • 職場で同僚の誕生日ギフトを買う時に、幹事にギフト代を支払う
  • 子どもの習い事(個人の先生)に月謝を支払う
  • 飲み会の会計時に現金が足りなかった時、立て替えてくれた友人にその場で支払う

ね、便利そうじゃないですか?
イートランスファーは、1セント単位で支払えるので、ギフト代や飲み会など、割り勘で端数が出た支払いにも便利です。

イートランスファーを使えば、カナダの遠く離れた場所にいる人に払うことも、目の前にいる友人に払うこともできます。

目の前の友人に払う場合でも、今までだと、銀行のATMを探して現金を引き出して払うか、小切手(そもそも日本では個人が小切手を使う習慣がありませんが)で払うかでした。

ATMを探しに行くのも、もらった小切手を銀行に行って入金するのも面倒くさいですが、イートランスファーで全て解決です。

どうですか?使ってみたくなりませんか、イートランスファー?

イートランスファーに必要なもの

イートランスファーを使うには、以下のものが必要です。

  • カナダの銀行口座
  • 送金先のEメールアドレス
  • 送金先の携帯電話番号(必要ない場合もあります)
  • サービス利用料は無料です!

無料で使えるのが嬉しいですね。

でも、送金をキャンセルすると$3~$5の手数料が掛かるので、注意しましょう。

イートランスファーの使い方

それでは、イートランスファーの使い方を解説します。

今回は、カナダ5大銀行のひとつであるCIBC銀行のオンラインバンキングのサイトを例に説明しますね。

銀行によってサイト内でのイートランスファーの探し方や、入力が必要な情報が微妙に異なりますが、だいたいの使い方は一緒です。

イートランスファーの手順をざっくりまとめると次のステップになります。

 

 

 

イートランスファーのステップ

  1. 送金先を選ぶ(初めて送金する相手の時は、送金先を登録)
  2. 送金額を指定する
  3. 秘密の質問と答えを指定する

では、詳しく説明します。

 オンラインバンキングのページを開く

etransfer1

まずはオンラインで自分の口座のページを開きます。

CIBC銀行の場合、自分の口座にログインした最初の画面の左側のメニューに、

「Interac e-transfer」

が表示されています。簡単ですね。迷わずそれをクリックしましょう。

 送金先を登録します

etransfer2

イートランスファーをクリックすると下にメニューが出るので、「Send Money(送金)」をクリック。

過去に送金したことのある相手に送金する時はここで送金先を選びますが、初めての送金の場合は、「Add Contact(連絡先を追加)」を選びます。

 送金先の登録(続き)

etransfer3

次に、送金相手の名前(ファーストネームだけでも、ニックネームでも、会社名でもOKです)を入れます。

次からが重要です。

「Notify By(通知方法)」で相手がどうやって送金を通知されるかを指定します。

「Eメール、携帯電話のテキストメッセージ、両方」の3種類から選べます。

相手は、この通知された方法からしか送金を受け取れませんので、Eメールと携帯電話のテキストのどちらがいいか、送金先に確認しましょう。

確認が出来ない場合は、「両方」を指定しておくのが無難です。

次に、「Contact’s Email Address(送金先のEメールアドレス)」「Contact’s Mobile Phone Number(送金先の携帯電話番号)」を指定します。

 送金額と送金元口座の指定

etransfer4

次に、送金額と、どこの口座からお金を送るかを指定します。

 秘密の質問と答えを入力

etransfer5

次に、秘密の質問を入力します。

秘密の質問とその答えは、送金先がお金を受け取る時の、錠とカギの役割をします。

質問は、「What is my favorite food?(私が好きな食べ物は?)」のような定型の質問から選ぶか、自分で質問を作ることができます。

今回は自分で質問を作ってみることにします。

etransfer6

質問と答えを入力します。

ちなみに、質問と答えは英語である必要はありません。(入力はアルファベットでなければいけませんが)

日本人相手に送金する時は、

質問:「Sukina Kisetsu ha?」

答え:「Natsu」

のように日本語の質問と答えにするとセキュリティが増すかもしれません。

 送金内容を確認

etransfer7

ここまで進めると、最後の送金確認画面になります。

送金先名、Eメールアドレス、金額、送金元口座に間違いがないか、再度確認して、問題なければ、「Send Money(送金する)」を押しましょう!

 送金完了です!

etransfer8

以上で送金完了です。

確認画面が再度表示されるので、画面を保存しておきましょう。

送金先に秘密の質問の答えを教えるのも忘れずに。

まとめ

いかがでしたか?

イートランスファーはとっても簡単で便利なサービスなのですが、使っていない人が多くてもったいないと感じています。(特に年配の人)

カナダの地元の人が使っているサービスを使いこなせれば、より深くカナダの生活を楽しむことができます。

カナダ留学コンパスでは、カナダ現地にオフィスを構える強みを生かして、銀行、携帯電話、コンパスカード、医療保険など、カナダ到着直後の生活基盤を整えるお手伝いをします。

まずは無料相談をご利用ください。

 

 

etransfer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る