【ワーホリ必見】カナダで効率よく稼ぐ3つの方法

カナダでお金を稼ぐのはどうしたらいいですか?

という質問を、ワーホリで渡航し、仕事探しを始める方からよく聞かれます。

その後に、「ネットでは、こうすれば稼げると書いてましたが本当ですか?」と続くのが定番になっています。

が!その内容が間違っていることが多いです。

そこで今回は、「とあるアフィリエイトサイト」に記載している内容を吟味しながら、本当に効率よく稼ぐための方法についてお伝えしようと思います。

ワーホリでお金を得る3つの方法

カナダで効率よくお金を得る方法として、「とあるアフィリエイトサイト」では、カナダ留学のスペシャリスト直伝として、カナダワーホリで稼ぐためにするべき3つの事が書かれていました。

  1. 暮らす都市を中小規模にする
  2. 価格が高いレストランで働く
  3. カナダに留学する前に英語力を高めておく

まず、この内容が本当かどうかを確かめるために、私たちがサポートをしてきた生徒さんや知り合いに聞いてみましたが、誰もこの3つが「稼げる方法」だと考える人はいませんでした。

カナダに住んでさえいれば、この情報がおかしいと気づきます。

もしかしたらこのライターの方はカナダに住んだり、そもそも来たこともないのかもしれません。

たくさんの勘違いさせてしまう情報を含んでいるので、具体的にどこがおかしいのか見てゆきましょう。

暮らす都市を中小規模にすると稼げる?

このサイトによると、「大都市よりも中小規模の都市のほうが物価が安く、また、日本人が少なくてフレンドリーな外国人が多くておすすめ、そのうえ、バンクーバーやトロントなどではなく、オタワ、ウィニペグ、エドモントンなどの中規模都市のほうがオススメ」とのこと。。。

「フレンドリーな外国人が多いかどうか」と「稼げるかどうか」は直結しないので説明を省きますが、「大規模と中規模の都市の求人数を比較して行きます。
JPカナダ(バンクーバーの掲示板サイト)
e-Maple(トロントの掲示板サイト)

それでは、実際に2017年10月1日~30日までの一か月の求人数を数えてみました。

都市名JPカナダe-Maple合計
バンクーバー73920759
トロント6371377
オタワ0
エドモントン12
ウィニペグ000

私たちも調べてみて驚きました。ここまで明確に違いが出るとは思ってもいませんでした。
バンクーバー、トロント以外の都市では、そもそもの仕事自体が少ないようです。

もちろん日系以外にもローカル向け(もちろん英語)で求人が出てはいますが、数としてはそれほど変わらない感じですし、そもそもワーホリで渡航し、英語が十分にできない留学生にはかなり難易度が高いので、今回の説明からは省きます。

物価に関しての比較もあるので、こちらも見てみましょう。

1位トロント169
2位バンクーバー167
5位オタワ155
6位エドモントン152
10位ウィニペグ141

参考:カナダ都市別物価指数

この指数は、プラハの住居コストを100として比較しているのでちょっと分かりにくいのですが、一番高いトロントが169で、低いウィニペグが141、比率でいうと、17-8%くらいの違いです。

例えば、バンクーバーの生活費が1ヶ月$800として、ウィニペグが$700位。

一方、求人はバンクーバー759件に対してウィニペグ0件

物価が安くても、日本人留学生が仕事が見つかりにくい都市に行くのは、かなりのチャレンジャーだと思います。

価格が高いレストランで働くと稼げる?

「価格が高いレストラン=お客様が支払う額が大きいので、その分チップ収入も高い。」と「とあるアフィリエイトサイト」と書かれていますが、そのこと自体は事実です。

ただし、「価格が高いレストラン=その分英語力や接客のレベルも求められる」ため、その仕事を、果たしてワーホリの日本人にできますか?と言われると非常に難しいでしょう。

それではなぜ、ワーホリで稼ぐために飲食店がおすすめされるのか?というと、理由としてはTip(チップ)があるからです。

Tip(チップ)とは、お客様が食事をしたトータルの金額に加えて、通常は15〜25%位を上乗せして支払います。

それを従業員で分配するのが飲食店のTip(チップ)システムです。

Tip(チップ)とは?
チップは「制度」ではなく、あくまでも「感謝の意」です。
食事中に受けたサービスに対し「ありがとう」という気持ちを込めて、相手にいくらかの代金を上乗せして支払うものです。

この分配割合は店により異なりますが、カナダ人のよく行くカジュアルレストランの場合は、テーブルごとに担当が決まっていて、チップはすべてサーバーがもらう、というレストランもあります。そういったところは、1日4時間働いて$500稼ぐことも出来るそうです。(オーナーさんから聞いたので間違いない情報だと思います。)

こういったレストランでワーホリの日本人がサーバーとして働けるか?、というと、ほぼ不可能です。

実際に行ってみると、こういうレストランのサーバーはモデル級のカナディアンばかりで日本人は見たことありません。

参考:Miku Restaurant

もちろん、こういったレストランには、ディッシュウォッシャーや調理アシスタントとして沢山の日本人が働いていますが、彼らの場合はTip(チップ)がほとんどもらえず、給料も他のレストランと変わらず最低賃金に近かったりします。

つまり、価格が高いレストランのメリットである高チップ収入は見込めないという事が分かります。

それであれば、それほど価格が高くない日系の居酒屋のほうが、チップ収入で稼ぐという観点では正解だったりします。

バンクーバーにある日系居酒屋の場合ですと、比較的安価ですが地元で人気のため、開店から閉店までひっきりなしにカナダ人のお客様が訪れるそうです。
参考:北の家Guu

その為、テーブルの回転もよく、結果的にかなりの金額の売上があるそうです。

また、こちらの居酒屋の雇用条件が下記の通りで、いわゆる「ワーホリの日本人向け」の職場としてはオススメです。

Guuでの雇用条件

  • 英語が片言でもOK
  • 働けるビザが長ければ大歓迎
  • 楽しんで働ける人優遇

フルタイムで就労すると、Tip(チップ)が一日だけでも$50程度にもなるそうです。
サーバーの場合は最低賃金$13.85/h(2019年6月1日時点)ですが、一日8時間働くと$110.80プラスチップが$50で合計$160.80、一時間当たりの時給換算では$20.10と、かなり稼げることが分かると思います。
さらに、最低賃金が2020年6月までに、$14.60/h、2021年6月までに、$15.20/hまで引き上げられることが決まっています。

2017年11月現在、バンクーバーに限っては日本人の労働者が少ないので、上記のような居酒屋をはじめ、沢山の飲食店が、最低賃金以上の給料で求人をしています。

最近はトロントに日本人留学生が流れてしまっているようで、求人の需要と供給のバランスが崩れ、求職者にとっては仕事を選び放題となっています。

カナダに留学する前に英語力が高めておくと稼げる?

「給料がいい仕事は英語力が高い仕事=英語力が低いと給料が低い仕事しかない」と、「とあるアフィリエイトサイト」には書いてありますが、一般論としてそれは事実であるのは間違いではないです。ただ、論点の認識が微妙にずれています。

ワーホリで渡航した留学生は、そもそも飲食店、販売業などの仕事以外の高度な英語力が求められるオフィスワークのような仕事を見つけること自体が難しいです。たとえ英語力が高くても、そういった仕事はほとんどありません。

それはなぜなのか?と言うと、企業側にしてみれば当然で、1年しか滞在許可のない外国人のスタッフを雇うリスクを負わなくても、カナダ人の求職者から探せば十分なのです。もちろん、100%不可能という訳でもありませんが、そんな沢山のリスクを抱える外国人を雇う企業を探す方が困難なのです。

具体的な例として、こちらの情報掲示板を見てみましょう。

※参考:JPカナダ求人掲示板

ご覧のように、飲食店や販売業、あとは、技術系の美容院、ネイリストやマッサージセラピストなどの仕事があります。

一方、オフィス系では唯一日系企業が短期データ入力スタッフを募集しているくらいです。
こちらをご覧頂いただけでも、オフィスワークを探すことが難しそうなことは分かるでしょう。

ちなみに、弊社でも年に数回、オフィススタッフの募集をしますが、たとえ給料の条件が低くても、たくさんの応募があります。

中には、「大学院卒で移民のため、長期滞在可能、英語はバイリンガルレベルで社会人経験10年」、そんな候補者も普通にいます。
こういった候補者たちの中から、ワーホリで滞在中で滞在可能期間が半年、英語力は日常会話レベルで大学卒業したばかりといった候補者が採用される可能性は、限りなく少ないという事は理解できるでしょう。

カナダで「本当」に効率よくお金を得る3つの方法

では本当に収入を上げるためにはどうしたらいいでしょうか?

ここまで見てきた情報をまとめることで、本当に稼げる方法が見えてくると思います。

  • 仕事はバンクーバーで探す
  • 求人は現地日系掲示板で探す
  • チップの多くもらえる、繁盛している飲食店で働く

更にまとめてみました。

求人需要の多いカナダ、バンクーバーに留学して、現地の日系掲示板等で仕事をチェックし、気になる会社にメールや電話、直接訪問をし連絡を取り、チップを多くもらえ、かつシフトにたくさん入れる日本食レストランや居酒屋でしっかり働く。

上記にて仕事に就くことができたのであれば、以前ブログで紹介したAさんのケースのように滞在中にも貯金ができ、カナダライフを楽しめると思いますよ!

以前ブログで紹介したAさんのケース

  • 業種 …… 飲食業(某有名チェーンレストラン)
  • 勤務時間 …… 8時間/日 × 週5日
  • 時給 …… $11.40
Aさんが1ヶ月に稼いだ金額
1ヶ月の給料
(合計勤務時間)
$2,006.40
(176時間)
バケーションペイ(有給) $80.26
税金(所得税) −$236.76
EI(保険) −$35.52
CPP(年金) −$95.30
チップで得た金額 +$1000.00
(1日平均$50 × 20日)
総合計 $2,719.08
(日本円で約23万円)

カナダのレストランでアルバイトとして働き、稼いだ月あたりの給料はこちらです。

$2,719.08(日本円で約23万円

現在、最低時給が$13.85/hになっているので、もう少し収入は増えると思います。

まとめ

いかがでしょうか?
サイトの情報は正しい場合もありますが、論点の認識が微妙にずれていたります。

今回はその情報をしっかり比較し、お伝えしたので、「何が本当なのか?」が分かって頂けたと思います。

とはいえ、やっぱり不安という方向けに、次の記事ではカナダで生活する際の節約方法等をご案内します。

その他にも色々な情報が出回っていますので、少しでも「本当かな?」と思った場合は、ご相談くださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る