バイオメトリクス(指紋認証)について

2019年1月1日から、カナダ滞在のための各種のビザ(許可)を取得する際に、新たな手続きがが必要になりました。

それがバイオメトリクス(指紋認証)です。

「指紋をとられる?」と聞くとなんだか身構えてしまいますが、心配は無用です。

今回はバイオメトリクスに関する疑問を徹底的に専門家が解説いたします。

カナダ国内からのバイオメトリクス登録は、手順が少し異なります。この記事を読んでバイオメトリクスについて理解したら、こちらの記事もご覧ください。

バイオメトリクス(指紋認証)ってなに?

「biometrics(バイオメトリクス)」という言葉は、聞き慣れない方が多いと思います。

この言葉を直訳してみると、「生体認証」です。

指紋、網膜など個人を特定できる生体情報のことですね。

今回、カナダのビザ取得のために提出を求められるのは、指紋を用いたバイオメトリクスです。

 

なんでバイオメトリクスが必要なの?

では、なぜ、その「指紋認証」がビザ取得の際に必要になるのでしょうか?

もちろん申請者の「本人確認」のためです。

「偽装」や「不法侵入」を防ぐために「本人確認」は非常に重要なプロセスですよね?

その、本人確認にかかる手間がバイオメトリクスの導入によって減り、カナダへの入国が円滑になると期待されています。

そして、バイオメトリクスは個人を識別するための正確で信ぴょう性の高い方法であるため、カナダに入国する外国人へ義務づけられることになりました。

バイオメトリクスが必要なのは誰?

では、バイオメトリクスが必要なのは誰でしょうか? カナダに入国する外国人ならすべての人に必要なのでしょうか?

実は、こちらの方には必要ありません

  • 観光ビザで入国する方
  • 14歳未満の方
  • 80歳以上の方

「観光ビザ」で入国する方……というふうに表現していますが、日本はカナダの「観光ビザ免除国」の1つです。

ですので、観光目的で6か月までカナダに滞在する場合、厳密にはビザは発給されません(eTAのみでカナダに入国できます)。

バイオメトリクスはいつから必要?

ではバイオメトリクスはいつから必要になるのでしょうか。実は、地域によって導入時期に差があります。

世界を地域ごとに分け、順次バイオメトリクスの提供制度が導入されていきます。

日本を含むアジアの場合、2018年12月31日以降に提出された申請にバイオメトリクスの提供が必要になります。

バイオメトリクスが登録できる場所

では、カナダに渡航するときに必要な「バイオメトリクス」ですが、どうやって登録の手続きをすればいいのでしょうか?

現在、日本国内でバイオメトリクスを登録することができるのは、 東京にあるカナダビザ申請センターしかありません。

(「カナダビザ申請センター」は、「VFS サービシズ・ジャパン」という会社がカナダ政府の認可を受けて、カナダのビザ申請などを行っている機関です)

場所はこちら!
カナダビザ申請センター (VFS サービシズ・ジャパン)
〒105-0014 東京都港区芝 1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビル 4F

東京でしか手続きができないというのは、遠隔地に住んでいる方にとってはとても不便ですよね。

また、当然ではありますが代理登録は認められません

バイオメトリクスに必要な料金

このバイオメトリクスですが、なんとお金が必要です。

「バイオメトリクス登録料」として $85 が必要となっています。

今までなら必要なかった料金なので、これは痛手ですよね……。ビザだけでもお金がかかるのに。

バイオメトリクスの有効期限

登録したバイオメトリクスの有効期限はどのくらいなのでしょうか?

実は、10年間有効です!

一度登録したバイオメトリクスは10年間使えるため、このようなことも可能です。

  1. バイオメトリクスを登録してカナダにワーキングホリデービザで行く
  2. ワーホリの期間が終了し日本に帰国する
  3. 1年後、留学のためカナダの学生ビザを申請する

このような場合、ワーホリ申請の時に登録したバイオメトリクスを再度使用することができます。

パスポートを更新しても大丈夫?

パスポートは、5年、もしくは10年ごとに更新する必要があります。

「eTA」の場合は、パスポートに関連付けられているため、パスポートの期限が切れると自動的にeTAの期限も切れます。

ところが、バイオメトリクスはeTAと違い、パスポートに関連づけられているわけではありません。

そのため、パスポートを更新しても最初の登録から10年間は再度登録の必要はありませんよ。

バイオメトリクスの登録方法

まず、バイオメトリクスは申請のタイミングはこのようになります。

申請手順

  1. 学生ビザ、ワーホリビザの申請完了(申請料支払い後)
  2. 登録指示レターが届く(指示レターが届いてから、30日以内に登録)
  3. 東京にてバイオメトリクスの登録(自動的にカナダ移民局へデータが送信されます)
  4. ビザの承認

カナダ移民局より登録指示レター届かないと、指紋採取ができません!

また、バイオメトリクスの注意点はこちらです。

注意点

  • 日本国内では東京のみ(現在日本では、東京のみです)
  • 営業時間内のみ対応(月~金曜の9:00~17:00)
  • 事前に採取が不可能(予約までは可能)
  • 指示レター到着後、30日以内に採取必須(難しい場合は期限の延長申請が必要)

バイオメトリクスの一番やっかいなことが、指示レターが来るまではバイオメトリクスの採取に行けないことです。

指示レターが届いてから30日以内で、東京に出向き採取する必要があります。

事前に何ヶ月も前から採取ができないんですね。

特に仕事で忙しく、休みがすぐに取ることができない場合、また東京まで飛行機でしか行けない場合は、日程の調整が大変ですね。

ですが、現状のシステムですとどうすることもできず、調整をしていただく必要があります。

 

ちなみに、指示レターが来るまでは採取はできませんが、それ以前にバイオメトリクスの予約まではできます。

というのも、バイオメトリクスを予約するタイミングでは、指示レターの記載情報が不要だからです。

 

すでにお仕事の休みが決まっていて、特定の日程でしか採取に行けない方は、先にバイオメトリクスの予約だけ行い、採取しに行く日に合わせてビザ申請を進めることもできます。

万が一予約日までにビザの申請が間に合わない場合は、予約日の変更も可能です。

 

稀に、採取の予約が埋まっていて、30日以内に予約ができない場合もございます。

その際は、カナダ移民局にバイオメトリクスの期限延長申請をする必要がございます。

 

では、バイオメトリクスの登録の手順を紹介します。

 バイオメトリクスの指示レター到着

ワーホリビザの申請を終えてしばらくすると、バイオメトリクス指示レターが届きます。

※通常、何か届いた場合は、カナダ移民局より通知メールが届きます。

自身のページにログインしていただき、Work permit欄にある、「Check full application status」をクリックします。

※携帯ではなく、パソコンで開いていただくことをお勧めします。

すると、次のページに「Biometrics Collection Letter」が届いていますので、クリックしてください。

クリックすると、バイオメトリクスの指示レターがダウンロードできますので、印刷をしてください。

※まだ指示レターが届いていない場合は、定期的にログインをして確認をしてみてください。

 

ちなみに、指示レターのサンプルはこちらです。

※1ページ目

※2ページ目

※3ページ目

3ページ目にバイオメトリクスの登録を完了させる期限が記載されています。

通常、指示レター発行日の30日後に設定されています。

必ずこの期限までに登録を完了いただくようにしてください。

万が一、期限までに登録ができない場合は、期限の延長申請をカナダ移民局にすることができます。

 バイオメトリクスの登録予約方法

バイオメトリクスの登録は、こちらより選ぶことができます。

  • オンライン(ウェブ予約)
  • 電話
  • メール
  • ウェブチャット

時間を問わず予約できる、オンライン予約がスムーズです。

予約は、指紋認証登録機関である、「VFSグローバル」のホームページより可能です。

オンラインの予約方法をご紹介します。

 オンライン予約支払いをする

トップページの「1.オンライン」をクリックします。

 

「予約をする」をクリックします。

「新規のご利用ですか?」をクリックします。

新規ご利用のご登録画面で、情報を入力します。

※パスワードは8文字以上15文字以内かつ大文字アルファベット、小文字アルファベット、数字、記号をそれぞれ1文字以上ずつ含んだものを設定してください。($ @ # $ ! % * ? &)

入力が完了すれば、「提出」をクリックします。

その後、すぐにアカウント作成完了メールが、登録したアドレスに自動的に届きます。

届いたメールを開き、「有効アカウント」をクリックします。

※必ず届いたメールで有効アカウントをクリックしないと、上手く反映されません。

有効アカウントをクリックすると、ログイン画面に飛びます。

先程登録したメールアドレスとパスワードを記入し、「続ける」をクリックします。

※すでに自動入力されていることが多いです。

すると、こちらの予約画面にいきますので、「ご予約をする」をクリックします。

必要事項の記入をしていきます。

まず、場所は「東京」を選びます。

※現状、東京以外の選択肢はありません。

申請者数は「1」を選択します。

※複数の人数を予約される場合は、その人数を選択ください。

ビザの種類を選択するところでは、「Biometoric Enrollment 」を選択します。

※「Biometoric Emergenct Appointment」は緊急時のみです。

申請の種類は「individual」を選択します。

※複数申請される場合は、申請内容に合うものを選択ください。

問題なければ、「続ける」をクリックします。

申請者リストに進みますので、「申請者追加」をクリックします。

申請者の情報を記載します。

  • 生年月日
  • 名(自動反映)
  • 姓(自動反映)
  • 電話番号(最初の0を省略)
  • アドレス(自動反映)

問題なければ、「提出」をクリックします。

反映された情報に間違いがないか確認し、「続ける」をクリックします。

ここから、実際に予約日を決めます。

予約可能な日付、時間帯が提示されますので、ご都合の良い時間をクリックしてください。

予約は15分単位で可能です。

問題なければ「確認」をクリックします。

これでご予約完了です!

予約完了メールが、登録したメールアドレスに届きますので、必ずご確認ください。

また、ご予約詳細は「ご予約確認書」をクリックして確認ができます。

当日はご予約確認書を印刷いただき、持参ください。

ご予約確認書のサンプルです。

当日の持ち物の記載がありますので、必ずご確認ください。

また、持ち物の中に「VFS同意書 2部」とあります。

同意書はこの確認書に記載がある、URLをクリックするとダウンロードできます。

VFS同意書のサンプルです。

万が一、URLをクリックできない場合は、「VFSグローバル」のホームページからもダウンロードできます。

トップページの「よくある質問」をクリックします。

前半部分の申請方法の中に「VFS同意書」がありますので、ここからダウンロードできます。

ここまでで、バイオメトリクス登録の全てが完了しました。

当日までに印刷して用意いただくものをまとめて次に記載します。

 当日の持ち物

当日の持ち物はこちらです。

  • パスポート原本
  • カナダ移民局から届いたバイオメトリクス指示レター
  • ご予約確認書
  • VFS同意書(2部)

こちらを必ず事前にご用意ください。

まとめ

カナダの移民制度を維持するためにビザ申請者の本人確認は重要です。

多少手間はかかりますが、ゆっくり進めていけば問題なく指紋認証を終えることができます。

カナダ留学コンパスにビザ申請代行を申し込みいただければ、バイオメトリクスの手順についても細かくお手伝いいたします♪

くわしくはこちらからお問い合わせください。

免責

ビザ申請、永住権申請の手続きや規定、ルールはカナダ移民局が予告なく頻繁に変更しています。

そのため、こちらのサイトに記載していある情報を元に何らかの判断を行う際には、弊社にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。

弊社のサイトは、ビザ申請、永住権申請に関する責任を負うものではございません

弊社サイトをご覧になってご自身でお手続きをすすめたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、弊社では一切責任を負いません

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る