ブリスベン留学コアラやイルカに触れ合えるリゾート都市!

ブリスベンはオーストラリア北東部にあるクイーンズランド州の州都です。

オーストラリア国内では、シドニー・メルボルンに次ぐ人口第3位の都市でもあります。ブリスベンは、洗練された都市と周辺の大自然の両面をバランスよく満喫できることが大きな特徴。

そんなオーストラリア・メルボルンは、英語留学先としても日本人に人気があります。

このページでは、そんなブリスベンの留学情報を網羅的にご紹介。各テーマごとに詳細の記事でのご案内もしていますので、そちらもあわせてご一読ください!

ブリスベンの基本情報について

surfer

オーストラリア北東部・クイーンズランド州の州都であるブリスベンは、人口約250万人の国内第三の都市です。

街はブリスベン川を挟むかたちで発展しており、市街地は「クイーンストリート・モール」という歩行者天国のショッピング街を中心に賑わっています。

ブリスベンの最大の魅力は、洗練された都市で暮らしながら周囲の大自然に日帰りで遊びに行けるところ。有名なリゾート都市「ゴールドコースト」、シュノーケリングや野生イルカへの餌付け体験ができる「モートン島」、世界遺産のガリ(フレーザー島)にも数時間で足を運ぶことができます。

まさに”リゾート観光の窓口”として、オーストラリア国内から多くの人が訪れるブリスベンは、英語学習だけでなく、オセアニアの大自然を満喫できる都市としての大きな魅力ももっているのです。

そんなブリスベンに関する基本的な情報を以下にまとめてみました!

地域名 ブリスベン(Brisbane)
面積 15,830平方キロメートル
人口 約250万人(2020年)
気温 平均最高気温 30℃、平均最低気温9℃ほど
在留邦人数 約10,000人※
アクセス 東京・成田空港から直行便で約9時間
時差 日本との比較で+1時間
宗教 キリスト教(60%以上)・イスラム教・仏教など
電源プラグ O型

※ 参照元:外務省「海外在留邦人数調査統計」(平成28年度詳細版)より

ブリスベン留学に必要な費用について

money

では、ブリスベン留学には一体どれくらいの費用が必要なのでしょうか?

以下に、ブリスベン留学の1カ月・3カ月・6カ月・12カ月の期間別に必要な費用をまとめてみました。

留学期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
一般的な費用 約45~50万円 約70~100万円 約130~200万円 約300~400万円

仮にブリスベンに1カ月留学すると仮定した場合、約50万円の費用が必要となります。

そして、1カ月50万円の内訳は以下のようになります(あくまでサンプルです)。

  • 入学金・学費 = 約10~15万円
  • 航空券代(往復) = 約8~13万円
  • パスポート・ビザ申請費 = 約2~8万円
  • 健康診断料 = 約0.5~1万円
  • 海外留学保険料(半年間 有効)= 約8~12万円
  • 生活費 = 約10~15万円
  • 滞在費 = 約6~10万円

留学1カ月目は、「語学学校への入学金」や「航空券代(往復)」「パスポート・ビザ申請費」などがかかりますが2カ月目以降はかかりません。

つまり留学2カ月目以降は、基本的に「学費」「生活費」「滞在費」が毎月の出費となります。

全体の出費は、「どの語学学校のどのコースを選ぶか」「学生寮に滞在するかルームシェアを利用するか」「外食・自炊の頻度」などによっても大きく変動します。

なるべく節約したいという方は、滞在方法に学生寮を選び、なるべく自炊をして生活するよう心がけてください。

次に、英語留学先としてブリスベン留学とあわせて比較されやすいフィリピン・アメリカ・カナダとの留学費の違いを整理してみました。

留学の期間 ブリスベン フィリピン アメリカ カナダ
1カ月 約45~50万円 約15~30万円 約60~70万円 約40~50万円
3カ月 約70~100万円 約35~70万円 約140~160万円 約80~100万円
6カ月 約130~200万円 約60~130万円 約280~320万円 約160~200万円
1年間 約300~400万円 約125~250万円 約560~640万円 約320~400万円

上記の表から、ブリスベンはアメリカ・カナダより費用を抑えて英語留学できることがわかります。

ブリスベンは日本との時差も少なく治安も安定しており、生活しやすい点を鑑みると、ぜひとも留学先として候補に入れておきたい都市ですね。

ブリスベンに留学するメリット・おすすめポイント

kangaroo

次にブリスベン留学のおすすめポイント・メリットをご紹介します。

『オーストラリア留学コンパス』が考えるブリスベンのおすすめポイントは以下の3つです。

  • 交通の便が良く、観光を楽しみやすい
  • コアラやカンガルーに会えるエリアが近い
  • 島やビーチでマリンスポーツやイルカウォッチを楽しめる

ブリスベンの他の都市にないメリットは、やはり休暇を存分に楽しめるエリアが周囲に多いということ。少し時間をかけて移動することで、陸・海の両方の大自然を楽しめるでしょう。

英語留学は他の国・都市でもできたとしても、ブリスベンのような環境は他では体験できません。

これらのおすすめポイントについて、以下のページ内でより詳しく解説しております。さらに知りたい方は、以下もあわせてご覧ください!

ブリスベンの治安情報について

police

ブリスベンは「The Economist Intelligence」が発表した2021年度の世界住みやすさランキング「The Global Liveability Index 2021」において、世界140都市のなかで第10位に入っています。

オーストラリアのシドニーやメルボルンといった主要都市も住みやすいと評判ですが、ブリスベンも同等に評価されているのです。

市が打ち出した「安全都市化計画」やホームレス問題を解決するための「Homeless Connect」が効果を発揮し、街の治安も良い状態が保たれています。

しかし、ブリスベンのなかでも「ブリスベンCBD(Central business District)」「フォーティーテュード・ヴァリー(FortitudeValley)」などのエリアは治安があまり良くないという情報もあります。

いくら治安が良いといっても、慣れ親しんだ日本とは違う環境ですので、”自分の身は自分で守る意識”は忘れないようにしてください。

以下のページでは、さらに詳しいブリスベンの治安情報やトラブル時の対処法をまとめていますので、こちらもあわせてチェックしてくださいね!